抜歯したその日にインプラントを埋入する治療(抜歯即時埋入)の症例

【症例1】抜歯したその日にインプラントの埋入(抜歯即時埋入)、仮歯の装着まで行った場合

患者様:30代、女性
主訴:前歯がとれた
治療期間:3ヵ月
症状:前歯の根がすでに割れていていたため保存が不可能
治療について:インプラントにて治療をご希望
インプラントを埋入した箇所・本数:右上2番・1本
治療のポイント
抜歯とインプラントの埋入を同時に行うことで、手術が1回で済むというメリットがあり、治療期間の短縮にも繋がります。
また、患者様によってはインプラントを入れたその日に仮歯を装着することも可能です。
歯を抜いたその日にインプラントを埋入する治療(抜歯即時埋入)は、通常のインプラント治療とは異なる技術が必要となるので、治療を受ける歯科医院で対応しているか確認する必要があります。
治療前 治療中 治療後
【症例1】治療前 【症例1】治療中 【症例1】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例2】抜歯したその日にインプラントの埋入(抜歯即時埋入)を行った場合

通常のインプラント治療との違い
通常のインプラント治療であれば、当医院の場合、まず歯を抜いて3〜6ヵ月ほど骨の治癒を待ちます。
その後、インプラントを埋入するための手術を再度行い、インプラントと骨が結合するまで3ヵ月ほど待ちます。
そのため、抜歯からインプラントの上部構造(セラミック冠)が入るまでには、約6〜9ヵ月が必要になります。
これに対し、抜歯したその日にインプラントを埋入する方法では、早ければ3ヵ月ほどで、本歯となるインプラントの上部構造(セラミック冠)を入れることが可能です。
通常のインプラント治療法では、当医院の場合、2回の外科手術が必要となりますが、抜歯したその日にインプラントを埋入した場合は、1回の外科手術で治療を終えることも可能です。
検査内容
歯科用CTで口腔内を撮影することによって、3次元的に骨量と骨密度を診断します。
3Dシミュレーションソフトによって上部構造の設計を行うので、患者様にも視覚で治療説明を確認していただけます。
留意点
患者様によっては顎の骨の量が極端に少ない場合など、抜歯したその日にインプラントの埋入(抜歯即時埋入)を行えないことがあります。
また、通常のインプラント治療とは異なる技術が求められるため、インプラントの埋入(抜歯即時埋入)に対応していない歯科医院もあります。
治療前 治療中 治療後
【症例2】治療前 【症例2】治療中 【症例2】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例3】インプラント治療中の上部構造

インプラント治療中の上部構造
骨とインプラントがどれだけ強固についているかを測定する器械を用いて、一定の条件が揃えば、インプラントを入れたその日にインプラントに負荷をかけて仮歯を装着することも可能です。
インプラントと骨の結合の具合が思わしくない場合は、インプラントを埋入する箇所の周りの歯を利用して一時的な仮歯を装着することが可能です。
仮歯の役割
見た目を改善する審美的な役割と、食事などで必要な噛む機能を一時的に改善する役割があります。
治療期間
当医院の場合、インプラントと骨が結合するまでの期間は約2〜3ヵ月を要することが多いです。
治療前 治療中 治療後
【症例3】治療前 【症例3】治療中 【症例3】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。


タグ:

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材