インプラントは高い?



Qインプラントの費用ってどのくらいかかるの

医院や地域によって差がありますが、1本あたり20〜60万円程度かかります。


インプラントは高い?
日本では歯の治療が保険で一部負担されるので、虫歯の治療などは安いのが現在の状態ですね。

歯の治療には自由診療(自費診療とか私費診療とか保険外診療とかいったりもします)と保険診療があります。

インプラント治療は自由診療ですので、保険が効かず、自費での治療となります。
そのため、各医院によって料金設定が異なり、地域によっても差がありますし、お口の中の状況により治療方法が変わることもあるので、一般的には平均的な金額というものはあまりありません。


▲ インプラントは自由診療のため医院によって値段が変わります
料金設定は、医院や地域によっても差がありますので、直接各医院へ問い合わせるか、医院のホームページなどで確認するのもよいでしょう。

さらに、インプラント治療に伴う検査(CT検査など)で別途費用(2〜3万円)が必要となることもあります。

事前に担当の歯科医師によく相談し、きちんと治療計画を確認し、充分に納得した上で治療を開始しましょう。
何故高いかを知っておこう
インプラントは治療費の高さ故に倦厭してしまうこともあると思います。

けれど、それが何故高いのかを良く理解してから、医院を選ぶのが良いでしょう。安ければいいということでは決してありません。

まずは保険適応外であることが一番大きな理由です。
何故保険適応外なのか。
というよりも、他の治療が保険が適応されているだけと考えてよいと思います。

歯がぬけた場合の治療は勿論インプラントだけではありませんし、中には保険治療で受けれるものも勿論あります。
それでもインプラントを選択するのでしたら、まず自分が最終的にどんな歯になりたいのかを考えてみましょう。

自分で納得した治療を出来るように、良い歯医者さんを選ぶことも勿論ですが、自分の意識をしっかりと持つことも大切だと思います。

そこで、インプラント治療が自分にとって本当に高いものなのかを考えてみましょう。

決して安さだけで選ばないようにしてくださいね!



インプラント治療は、医療費控除の対象になります!

医療費控除とは、自分自身や家族のために、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、掛かった治療費と総所得金額に応じて所得税が減額される制度です。

医療費控除の申請には、領収書が必要となりますので、医院からもらった領収書をしっかり保管しておきましょう。

控除金額は、所得総額と一年間にかかった医療費の額によって変わります。控除される金額の上限は200万円となっていますので、自分の治療費について簡単にでも良いのでまとめておきましょう。

うまく節約できるところは節約していきましょう。

タグ:
費用保険

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材