セカンドオピニオンのすすめ

Q治療計画を考えてもらいましたが、やっぱり不安がのこります。

Aセカンドオピニオンを受けてみましょう。治療は納得して望むことが重要です。
それでもやっぱり不安がのこったら(セカンドオピニオン)
「セカンドオピニオン」とは、主治医以外の医師の意見を聞くことです。

これは、癌などの大きな治療を受ける場合、治療方法などの選択に迷ったときに、一つの医院だけではなく、他の専門家の意見を聞くことで、患者さんが納得できる治療や医師を選ぶことができるように考え出されたものです。

患者さんは専門的な知識がなく、医師の言う治療法を絶対と信じる、もしくは解らずに悩んでしまいます。


▲ 不安はできるだけ解消した方がいい治療ができます

そんな中で、どんな患者さんでも最適な治療が受けられるようにセカンドオピニオンが生まれました。

不安なまま、納得できないまま治療をしてはいけません。
後で後悔をする、というのも勿論ですが、ちゃんと信頼できる歯医者さんと良い関係を作らなくては、治療はうまくいかないのです。

どれだけ良い腕であったとしても、患者さんが不安を抱いたままでは、その腕を100%は生かせないのです。

インプラントは特に長い治療になります。
患者さんがいるだけ、答えはたくさんあり、決められた公式のように正しい治療というものがあるわけではありません。

では実際何を聞いたら良いのでしょう。

1.口全体を見た意見
咬み合わせやバランスなど、歯の1本1本だけではなく全体を見た意見

2.専門的な意見
インプラント治療に精通した先生の意見

▲ 疑問は小さなことでも聞いてみましょう
3.治療の反対意見
インプラント治療はすばらしい治療法ですが、誰にとっても最適の治療法とは限りません。他の治療法の方がよい、という場合もあるかもしれません。その根拠も踏まえているならば、反対意見であっても不振がらず聞いてみて良いと思います。

あらかじめ何を聞きたいかをメモするなどして、話を聞いてみましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材