カウンセリングに行こう

Qカウンセリングって何をするの

Aインプラント手術を行う設備と、医師のいる医院で受けられます。


Qカウンセリングって何をするの?
A患者さんに治療について説明をします。どのようにインプラントをするかなど治療の提案を行います。不安なことなども相談できます。

カウンセリングを受けてみよう

気になる医院を見つけたらまずカウンセリングを受けてみましょう!

カウンセリングはそれぞれ医院によって異なりますが、おおよそ次のようなことを行います。


・現在の歯の状態の診察と検査
・患者さんにあったインプラント治療の提案
・具体的な治療方法の説明
・インプラント治療が終わるまでの流れ

この中で費用について、また期間についても説明をしてもらえます。
インプラントは必ず前払い制ですので、しっかり検査や説明を受けて納得した後で治療費を払い、治療が始まります。

もちろん、幾つかの医院へ足を運び、カウンセリングを受けることも可能です。

 

Qインプラントを受けられない人っていますか?
A状態にもよりますが、たいていの場合は可能です。ただし、すぐに治療を開始できないこともあります。

インプラントって誰でもできるもの?

インプラント治療は患者さんによって様々な治療法がありますし、現在のお口の状態によっては、すぐにインプラント治療を行えない場合もあり、その時の治療についてもカウンセリングでは触れてもらえます。

今ではよく耳にするようになった歯周病をはじめ、虫歯がある方、喫煙者などは、インプラントを出来る状態に一度しなくてはならない場合があります。
以下にその理由をまとめます。

歯周病、虫歯
虫歯や歯周病の原因となる細菌が口の中に残っていると、インプラント手術のときに骨や歯茎にくっついて、感染症を引き起こし、インプラントが失敗する可能性がある

喫煙
喫煙をすると代謝がおちる、などということを聞いたことがあると思います。
これは細胞の活性化を妨げているからです。
インプラントは手術を行いますが、インプラントが自分の骨と結合する、歯茎が元に戻る、どちらにしても自己治癒能力によるものです。
けれど喫煙をすると、自然とその力は弱まり、インプラントが安定せず、失敗をしてしまうことがあるのです。

また小さなお子さんなど、まだ身体が出来上がってない時期にインプラントを受けると、骨の生育を妨げるのでお勧めできません。

骨粗しょう症
インプラントを埋めるための骨が足りない可能性がありますので、多少リスクがありますが、インプラントは可能だといえます。

金属アレルギー
チタンに対するアレルギーがなければ、可能です。

また重度の糖尿病であるばあいはインプラント治療が難しいとされていますが、度合いを自分で測るのではなく、実際歯科医院に行って判断してもらうのが良いでしょう。
血糖値をコントロールできれば治療は可能だといわれています。


どんな治療でも必ず個人差がありますし、医師の考え方によっても変わってきます。
自分がインプラントが出来るかどうか、カウンセリングで詳しく聞いてみましょう。



タグ:
カウンセリング適応診査診断

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材