インプラント矯正ってなに?

インプラント矯正とは

ちょっと不思議な名前の治療法ですが、これは矯正治療の一種になります。

入れたインプラントを碇の様に固定する役割をしてもらい、そこを点として歯を正常な位置に戻していくという治療です。

今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし、治療期間の短縮や外科手術を行わなければならないような場合にも対処できる治療方法でもあります。

いわゆる普通の矯正治療の方法は、ワイヤーでつながった歯と歯をお互いに引っ張り合わせることで歯が自然に移動し、歯並びを段々と整えていくというものです。

しかし、普通の矯正治療を行う場合に少なからず問題がありました。

たとえば、治療期間がとても長く、たいていの場合2〜3年かかる場合が殆どです。また、歯を並べるスペースを確保するために抜かなくてもいい歯を抜かなければならない場合が多々あります。さらに、極端に突出しているような歯並びの場合には骨を切る外科手術さえ必要なのです。

このように今までの矯正治療には問題点があったわけです。

そこで、その問題点を克服したのがそれがインプラント矯正です

どうしてインプラントを使うの?

自分の歯を支点にした場合、あまり強い力をかけてしまうと、支点にした歯自体がぐらつき歯並びがより歪むということがありました。

そこで、自分の歯よりも動くことの少ないインプラントを支点にして引っ張ると、通常の矯正治療のように片一方の歯が動いてしまうということがありません。さらに、今までは治療期間も2〜3年必要としていたものがインプラント矯正では、短いものだと通常の半分くらいの時間で治療できるのです。

また、インプラント矯正治療ではインプラントを入れる時を除いて、抜歯や外科手術をしなくても治療をすることも出来るのです。

このように、インプラント矯正はリスクも少なく、効果は普通の矯正より高いと言われているのです。



タグ:
矯正

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材