手術後の過ごし方

手術日、終わった後の過ごし方
手術後に飲む薬
手術後は、感染予防の抗生物質や痛み止めが出されます。
患者さんによっては薬が嫌いだったり、痛くないなどの理由から勝手に薬を飲むのを止めてしまう場合がありますが、これはとてもいけないことです。

手術したばかりの箇所は普通は包帯を巻いたりしますが、口の中はそうはいきません。それどころか口の中には常に雑菌が存在するので、それらが手術跡から入り込んでしまう可能性が高いのです。

そのために抗生物質などを飲んで、予防をします。

術後の経過を見ながら歯医者さんが薬がいつまで必要かをしっかり指示してくれるので、きちんと指示に従いましょう。
手術日の過ごし方

基本的には抜歯をした時と変わりません。
身体に傷がついた状態は、少なからず体力を奪われますので、無理をせず安静にしていましょう。

また、飲酒は避け、お風呂や運動など結構のよくなることは避けるのが賢明です。
食事については手術からどのくらいの時間たっているかによりますが、麻酔が残っていることが多いので口がうまく動かなかったり、また血が出たりすることもあります。

しかし栄養を取るということも大事なことなので、歯に負担をかけないものを選ぶのが良いでしょう。



▲ 手術日は飲酒やお風呂、運動は避けましょう。

もしも出血したら
インプラントは外科手術なので、出血はどうしても出てしまいます。
あまりにも大量に出血している場合は歯医者さんに相談する必要がありますが、それ以外は得に気にせずにいるのが一番でしょう。

普通怪我をした時を思い出してみるとわかると思いますが、傷口は血が固まり、出血が止まります。
口の中もこれと同じ。

何度もうがいをするよりも、すこし気持ちが悪いとは思いますが、ちょっとだけ我慢してみましょう。

それでもどうしても血が止まらない場合は、やはり歯医者さんに相談してみましょう。


タグ:
手術

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材