歯茎 記事一覧 (10記事)

治療後に起こりうる様々な症状 〜治療後半年以上〜 

インプラント手術後に起こりうる症状▲インプラントの構造歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント」と、上部構造とも呼ばれる「人工歯」と、そのインプラントと人工歯を連結す...

続きを読む ≫

口腔内の健康を保つために 〜歯周病と薬の副作用の関係〜

歯周病と薬の副作用の関係ある種の薬を長い時間飲み続けていると、歯肉炎を誘発し、歯茎が赤く腫れて、ブラッシング時に出血するといった症状がでる場合があります。歯周病と薬の副作用の関係性...

続きを読む ≫

歯茎が痩せている場合のトラブル

歯茎は、歯周病や加齢、歯ぎしり、強い力でのブラッシングなどによって、痩せてしまうことがあります。痩せてしまった歯茎は、健康な歯茎と比べて、様々なトラブルを引き起こす要因となります。...

続きを読む ≫

下がっている歯茎を移植によって増やす治療「CTG」

歯周病や加齢、歯ぎしり、強い力でのブラッシングなどによって、歯茎が健康な状態よりも下がっている(退縮している)ことがみられると、歯茎のトラブルが起こりやすくなります。インプラント治...

続きを読む ≫

下がっている歯茎を移植によって増やす治療「FGG」

歯周病や加齢、歯ぎしり、強い力でのブラッシングなどによって、歯茎が健康な状態よりも下がっている(退縮している)ことがみられると、歯茎のトラブルが起こりやすくなります。インプラント治...

続きを読む ≫

CTG ( Connective Tissue Graft )
- 歯肉が不足している際の治療法

CTG(結合組織移植術)とは?インプラントを埋入する部分が、歯肉退縮(歯肉が痩せて薄くなっている状態)や、抜歯後の歯槽提(歯を抜いた後にできる土手のこと)の陥没した部分がある場合に...

続きを読む ≫

FGG ( Free Gingival Graft ) - 歯肉が不足している際の治療法

FGG(遊離歯肉移植術) とは?歯根の周り、特に、インプラントの周囲に角化歯肉(コラーゲン繊維に富んだ固く動かない歯肉)がない場合、歯ブラシの圧力に弱く、歯磨きが困難になったり、歯...

続きを読む ≫

APF ( Apically Positioned Flap surgery )
- 歯根保護と歯肉回復治療

APF(歯肉弁根尖側移動術)とは?歯肉が狭い場合や、歯周病などで、深い歯周ポケットがあった場合に、シャローサルカス(健康で生物学的幅径を保っている良好な状態)を形成したり、歯肉を維...

続きを読む ≫

インプラントの症状別トラブル <歯茎がぶよぶよしたら!>

インプラントがぶよぶよしている!歯茎が部分的にぶよぶよと盛り上がっていることに気付いた場合、その原因と対処法、歯医者を受診するときのアドバイスについてご紹介します。 歯茎のぶよぶよ...

続きを読む ≫

インプラントの症状別トラブル <歯茎が腫れてきた!>

歯茎が腫れてしまった!インプラント治療をした部分の歯茎の腫れがある、または、歯茎がぶよぶよと盛り上がっている場合、その原因と対処法、歯医者を受診するときのアドバイスについてご紹介し...

続きを読む ≫



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材