インプラント手術 一回法手術(1ピース型)について

インプラント治療には、一回法と二回法があります。
一回法は、人工歯を取り付けるまでに外科手術が一回のみ行われる方法です。歯肉の切開の回数が一度だけなので、患者様への負担を軽くできます。
>> 一回法と二回法の違いについて詳しくはコチラ

そして、一回法には、アバットメント(インプラント体と人工歯を固定するための支台)を装着して人工歯を取り付ける2ピース型と呼ばれるインプラントを使用する場合と、アバットメントを装着せずにインプラント体に直接人工歯を取り付ける1ピース型のインプラントを使用する場合があります。このページでは、インプラント体に直接人工歯を取り付ける1ピース型のインプラントについてご説明いたします。

一回法(1ピース)の手術の流れ

1. インプラントの埋入手術
インプラント1回法イラスト1麻酔後、歯肉を切開し、歯槽骨(顎の骨)にドリルで埋め込むインプラント体(歯根部分)と同じ長さ・太さの穴をあけます。
インプラント手術1回法イラスト2インプラント体とアバットメントが一体になったインプラントを埋入します。連結部分は歯肉の外に出しておきます。
2. 癒着期間( 1ヶ月〜6ヶ月)
手術後、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。この期間は骨の状態や治療部位によって異なります。ハイドロキシアバタイトコーティングを施したインプラントの場合は、1〜2ヶ月ほどで結合が得られます。
3.人工歯の取り付け
インプラント手術一回法イラスト3骨との結合を確認後、かみ合わせをチェックしながら人工歯を取り付けます。

一回法(1ピース)のメリット・デメリット

メリット
  • 歯肉の切開は一度だけなので、患者様への負担が軽い。
  • 単純な構造なので、コストを抑えられる。
  • インプラント体に直接人工歯をセットするので、手術の時間を短縮できる。
  • 一体型のため、強度に優れている。
  • 人工歯との接合部分が外に出ているため、骨との結合の安定性を診断しやすい。

デメリット
  • GBR法などの骨再生法を併用する場合、2回法より若干感染のリスクが高い。
  • 人工歯の形態を取り替えることができない。
  • 人工歯との連結部分への清掃性が2ピース型に比べてあまり高くない

一回法(1ピース)の代表的なインプラントシステム

名称 メーカー 特徴
ノーベルダイレクト ノーベルバイオケア社 骨との結合を促進させつ表面形状。奥歯や即時インプラントに適している。
I.T.Iインプラント
ストローマン社 表面を酸処理し粗面にすることで骨との結合を強化し、治癒期間を2ヶ月程度に短縮できる。日本人の顎に適している。
AQBインプラント アドバンス社 アドバンス社が製造している国産のインプラント。ハイドロキシアバタイトコーティングが特徴。骨との結合性が良い。
POIインプラント 日本メディカルマテリアル社 日本のインプラントシステムの中では最も歴史のあるインプラントステム。費用を抑えることができる。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材