インプラント手術 一回法手術(2ピース型)について

インプラント治療には、一回法と二回法があります。
ニ回法では、外科手術を二回行います。一回目でインプラントを顎の骨に埋め込み、一度歯茎を閉じた後、インプラントと骨が結合するのを待ってから(3〜6ケ月)二回目の手術を行います。そこで再び歯茎を切開し、アバットメント(インプラント体と人工歯を固定するための支台)をインプラント体に装着して人工歯を取り付けます。
一回法では、外科手術は一回のみ行います。まず、手術でインプラントを埋め込んだ後、その一部を顎骨の外に出しておきます。そして、インプラントと骨との結合期間を経て、外に出しておいた部分にアバットメントを装着し、人工歯を取り付けます。歯茎を切開するという外科手術が一回で済むことが最大のメリットです。

一回法の特徴

  • 外科手術が一回のみ。
  • 歯肉の切開の回数が一度だけなので、患者様への負担が軽い。
  • 最終的に人工歯が入るまでの工程が複雑ではないので、費用が比較的安い。
  • 十分な骨があることが好ましい。
  • 骨の高さや厚さが不足しているなど、GBR法などの骨再生法を併用する場合、2回法より若干感染のリスクが高い。

※2回法の場合は、インプラントを埋め込んでから一度歯肉を閉じ、数ヶ月間粘膜下にインプラントを置いておくので、インプラントと骨がより強固に結合し、感染するリスクも低くなるとされれているからです。しかし、近年はインプラント体の定着率に差がほとんど無くなってきているため、どちらの治療法が良いということがなくなってきています。
また、一回法には、アバットメントを装着せずにインプラント体に直接人工歯を取り付ける1ピース型のインプラント使用する場合と、アバットメントを装着して人工歯を取り付ける2ピース型のインプラントを使用する場合があります。このページでは、アバットメントを装着して人工歯を取り付ける2ピース型のインプラントを使用する場合の手術の流れについてご説明いたします。

一回法(2ピース)の手術の流れ

1. インプラントの埋入手術
インプラント1回法イラスト1 麻酔後、歯肉を切開し、歯槽骨(顎の骨)にドリルで埋め込むインプラント体(歯根部分)と同じ長さ・太さの穴をあけます。
インプラント手術1回法イラスト2 インプラント体(歯根部分)を埋入します。ヘッド部分は顎の骨の外に出しておきます。
インプラント手術一回法イラスト3 インプラント体の部分に人工歯の支台になるアバットメント(または仮のアバットメント)を連結し、上部は歯肉の上に出ている状態にして、手術は終了です。
2. 癒着期間( 3ヶ月〜6ヶ月)
手術後、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨の状態や治療部位によって異なりますが、3ヶ月〜6ヶ月ほど待ちます。
3.人工歯の取り付け
インプラント手術一回法イラスト4 骨との結合を確認後、かみ合わせをチェックしながら人工歯を取り付けます。
(仮のアバットメントの場合は交換し、支台となるアバットメントを取り付けてから人工歯を取り付けます。)

一回法(2ピース)のメリット・デメリット

メリット
  • 一回法(1ピース)よりも負荷が少ない。
  • 清掃性が高い
  • 患者様自身で外したり付けたりが可能(術者可撤式)の人工歯を作成することができる。
デメリット
  • 粘膜の厚いケースや審美性を要求する場合は2回法の方が人工歯を作成しやすい。
  • 術者可撤式の場合、(アバットメントや人工歯のスクリューを取り外す際に使用する開口部)の詰め物の磨耗、脱離がある。

一回法(2ピース)の代表的なインプラントシステム

名称
メーカー 特徴
アストラテック
インプラント
アストラテック株式会社 アバットメントを連結する際に、円錐状のアバットメントの下底部がインプラント体内部で強固に連結。2回法にも対応。
I.T.Iインプラント
ストローマン社 表面を酸処理し粗面にすることで骨との結合を強化し、治癒期間を2ヶ月程度に短縮できる。日本人の顎に適している。
POIインプラント
日本メディカル
マテリアル社
日本のインプラントシステムの中では最も歴史のあるインプラントステム。費用を抑えることができる。1ピースタイプもある。