2回法インプラント(1次手術、2次手術)について

 data-mce-src=


診査診察、レントゲン撮影、全身の 既往歴などのチェックをします。
検査骨の量の測定、適応性の判断、治療計画の立案と説明を行います。
前準備良好な口腔衛生の確立、全体的な歯科治療を行います。
第1次外科手術より安全で確実な治癒期間を確保するため
インプラントを歯の中に外科的に埋入し歯ぐきで封鎖します。
治癒期間インプラントが骨内でしっかりと維持されることをオッセオインテグレーションを獲得するために治癒期間を設けます。
第2次外科手術インプラントのヘッド部を小手術で露出させ人工の歯を製作します。
歯の装着通常は型どり後1〜2週間で完成です。
フォローアップと
メンテナンス
インプラントを長く機能させるには治療後の手入れが大切です。
先生の指示どうり、口の中を清潔に保つように努力してください
また、半年〜1年に1回はチェックのため来院することがひつようになります。
 data-mce-src=
歯を失ってお悩みのあなたに

新しいかたちの

最適治療法

インプラント[人工歯根]システム。

小さなチタン製の人工歯根が

義歯やブリッジを

しっかりとした維持固定するので

失われた

[天然の歯の機能]の回復と

[自然な感覚の悩み心地]を

取り戻します。
 data-mce-src=



タグ:
治療法手術二回法

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材