保険診療と自由(保険外)診療について

保険診療と自由(保険外)診療ってなに?

歯科医院で治療を受けたい

歯科医院・病院で歯の治療をするときは、保険診療と自由(保険外)診療の2つに分けられます。ここではそれぞれの目的と診療・費用負担の内容についてご紹介致します。

保険診療について

保険診療は、だれでも平等同じ費用で、悪くなった歯を噛めるようにすることを目的とした治療に適用されます。保険医療機関として厚生労働省の指定を受けた医院・病院などで、健康保険範囲内の治療をした場合に、0〜3割の費用負担で治療を受けることができます。医院よっては、保険診療を行わず自由診療だけで治療をするところがあります。このような医院では、保険診療を受けることができません。
※注意
保険診療で受診するには、健康保険などの公的医療保険に加入し、医療機関で保険証の提示が必要です。また費用の負担は加入する保険によって異なります。

メリット
  • 治療費の負担自己負担額が少ない
  • どの保険医療機関でも、一定の費用で治療が受けられる
デメリット
  • 治療方法や材料、回数に制限がある
  • 制限された材料の質に問題がある

自由(保険外)診療について

治療の必要な歯や健康な歯に、より質の良い仕上がり(見た目や使用感)を求める場合には、保険診療は適用されず、自由(保険外)診療となります。自由診療は、歯科医師(歯科医院)が独自に決めた治療方法に対し、全額自己負担で治療を受けるものです。見た目や噛む機能の向上を目的とするような治療は、保険診療の対象外となりるので自由診療となります。

メリット
  • 治療方法や材料の選択肢が豊富である
  • 見た目の美しさや噛む機能の追求ができる
  • 最新の高度な治療が受けられる
デメリット
  • 治療費の負担が大きい
  • 医院によって治療費が異なるため、治療内容と費用の比較がしづらい

どの治療の場合に保険が適用される?→この治療って保険診療?自由(保険外)診療?

インプラント治療と保険について

インプラント治療

インプラント治療は自由(保険外)診療

平成24年4月より、国が定めた病気や外傷などによって、広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合に、インプラント義歯治療が保険適用されるようになりました。しかし、適用となる対象は非常に限られおり、多くの場合は自由(保険外)診療となります。

    <自由診療となる例>
  • 虫歯や、歯周病、外傷などによって歯を失ったことによるもの
  • 歯周病や加齢による顎の骨の吸収(骨が痩せた)ことによるもの

なぜすべてのインプラント治療が保険適用されないの?

インプラント治療では、インプラントを埋め込む“手術”が必要です。また、骨の量が少なく、そのままではインプラントを埋め込むことができない場合、前処置として骨を増やすための“手術”が必要になることもあります。これらの手術は、雑菌が入って感染を起こさないために、環境を整えたり、使い捨ての物品を使ったりなど、細心の注意を払いながら行われます。また、人工歯(インプラントに装着する歯の部分)作製の際は、お口に合う仕上がりにするため、通常の歯型取りと比べて使用する材料が多かったり、少し時間がかかったりします。このようにインプラント治療は、コストや時間がかかる治療です。現在「国の医療費が財政に負担をかけている」といわれているなか、すべてのインプラント治療が保険適用となることは難しいでしょう。

インプラント治療についてもっと詳しく
インプラントとは?
インプラントってどんな治療?



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材