インプラント治療は保険適用されません ※一部適用あり

保険診療と自由診療について

保険診療と自由診療について

保険診療って?
保険診療は、だれでも平等に同じ費用で、悪くなった歯を噛めるようにすることを目的とした治療に適用されます。

自由(保険外)診療って?
治療の必要な歯や健康な歯に、より質の良い仕上がり(見た目や使用感)を求める場合には、保険診療は適用されず、自由(保険外)診療となります。

保険についてもっと詳しく知りたい!→保険診療と自由(保険外診療)について

インプラント治療は保険が適用されないの?

インプラント治療は自由(保険外)診療として扱われる場合がほとんどです。
平成24年4月より、病気や事故などによって、広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合に、国が定めた条件を満たせば「インプント義歯治療」が保険適用されるようになりました。しかし、適用となる対象は非常に限られおり、それ以外の場合は自由(保険外)診療となります。

    <自由診療となる例>
  • 虫歯や、歯周病、外傷などによって歯を失ったことによるもの
  • 歯周病や加齢による顎の骨の吸収(骨が痩せた)ことによるもの

今後、保険適用になる可能性はありますか?

インプラント治療は歯を失ってしまった部分に、人工の歯根を埋め込み、その上に自分の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れる治療です。保険適用の入れ歯やブリッジと比べ、コストや時間がかかる治療ですので、今後すべてのインプラント治療が保険診療となることは難しいでしょう。

インプラント治療はなんで高額なの?

インプラント治療

インプラント治療は、保険診療が適用される治療と比べると、コストや時間がかかる治療です。天然の歯の隣でも違和感のない見た目になるように配慮したり、かみ合わせや使用感をよりよくするために繊細な調整が必要とされるためです。どんなところにコストがかかるのか、しっかり理解してから、治療にのぞみましょう。

■手術でコストがかかる
必ず行われる外科手術では、雑菌が入り感染を起こさないために、環境を整えたり、使い捨ての物品を使うなど、細心の注意を払いながら行われます。

どんな手術が行われるの?
  • インプラントを埋め込む手術
  • 骨を増やす手術

  • ※骨の量が少なく、そのままではインプラントを埋め込むことができない場合にのみ、前処置として行われる手術です。

    ■人工歯の作製でコストがかかる
    最終的にインプラントに装着する人工歯の作製では、精密に歯の型を取るための材料を用いて、お口の状態に合う仕上がりにするために、通常の型取りよりも少し時間をかけて行います。時間をかけて行うため、保険診療が適用される治療と比べるとコストがかかってしまうのです。



    治療説明TOPへ戻る

    このページの先頭へ

    【注目の記事&レポート】

    テーマ、タグ一覧

    【 インプラントネット ドクター特集 】
    • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材