インプラントの人工歯(被せ物)について

インプラントに取りつける人工の歯

インプラントの構造
▲インプラントの構造

インプラントの構造

歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント」、インプラントと人工歯を連結する「アバットメント」、そして「人工歯」と呼ばれる上部構造(被せ物)の3つの部品で構成されています。ここでは人工歯についてご紹介します。

人工歯はどんなものがあるの?

インプラント治療で使用する人工歯は、主に下記のような種類があります。それぞれの特徴については、「人工歯の特徴と費用について」をご参照ください。
■ネジやセメントで固定するタイプの人工歯(歯科医院で取り外しができる)
【金属を使う人工歯】
■自分で取り外しするタイプの人工歯

どのような人工歯が適しているかについては、お口の状態と患者様の価値観や経済状態によって異なります。歯科医師による診査と診断を受け、よく相談しましょう。なお、費用につきましては、インプラント治療は、健康保険が使えない「自由(保険外)診療」になりますので、医院・病院によって異なります。

人工歯の特徴と費用について

TYPE1 ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウン

歯の表面部分にセラミック(ポーセレン)を焼き付けたジルコニア(人工ダイヤモンド)の被せ物。
1歯あたり費用の相場 : 9〜20万円

メリット

  • 変色することがほとんどない。
  • 艶があり、自分の歯のような色調が再現できる。
  • 内面がジルコニアで作られているので、割れる可能性が低い。
  • 金属アレルギーの方も使用できる。
  • デメリット

  • 治療費の負担が大きい。
  • TYPE2 オールセラミッククラウン

    すべてセラミックの被せ物。
    1歯あたりの費用の相場 : 7〜17万円

    メリット

  • 変色することがほとんどない。
  • 艶があり、自分の歯のような色調を最も再現することができる。
  • 金属アレルギーの方も使用できる。
  • デメリット

  • すべてセラミックで作られているので、割れる可能性が高い。
  • 治療費の負担が大きい。
  • TYPE3 ハイブリッドセラミッククラウン

    セラミックとプラスチックを混ぜた被せ物。
    1歯あたりの費用の相場 : 4〜12万円

    メリット

  • 変色しにくい。
  • 自分の歯のような色調が再現できる。
  • オールセラミックより柔らかさがある。
  • 金属アレルギーの方も使用できる。
  • デメリット

  • 経年的に、艶がなくなる。割れる可能性がある。
  • 治療費の負担が大きいが、白い人工歯の中では一番費用が抑えられる。
  • TYPE4 メタルボンド
    メタルボンド

    歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属の被せ物。
    1歯あたりの費用の相場 : 5〜15万円

    メリット

  • 変色することがほとんどない。
  • 自分の歯のような色調が再現できる。
  • 金属を使っているので強度がある。
  • デメリット

  • 金属を使用しているので、透明感や色調はオールセラミックより劣る。
  • 歯ぐきに変色が見られることがある。
  • 割れる可能性がある。
  • 治療費の負担が大きい。
  • TYPE5 ゴールドクラウン

    金合金(金を主成分として複数の金属を混ぜたもの)の被せ物。
    1歯あたりの費用の相場 : 4〜15万円

    メリット

  • 自分の歯と近い硬さのため適度なすり減りがあり、歯に馴染みやすい。
  • 金属が腐食することがない
  • デメリット

  • 金合金なので見た目が悪い。
  • 治療費の負担が大きい。
  • TYPE6 オーバーデンチャー
    オーバーデンチャー

    あごの骨に2〜4本のインプラント(お口の状態によって異なる)を埋め込み、プラスチックで作製した取り外し式の総入れ歯を安定させる方法。
    総入れ歯と入れ歯を固定する部品を含めた費用の相場 : 20〜35万円

    メリット

  • 2〜4本のインプラントで総入れ歯を支えるため、費用が抑えられる。
  • 大きな外科手術を必要としないため、身体の負担が少ない。
  • デメリット

  • 着脱式の入れ歯を使用するので、お口の中の清掃と入れ歯のお手入れが必要。