静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、気分を落ち着かせる効果がある点滴薬を血管内に直接投与することで高い除痛・鎮静効果を得ることができる方法です。これにより、治療中の不安や緊張を軽減することができますので、インプラント手術などの外科的処置を伴う治療を行う患者様で、強い恐怖心や不安感をお持ちの方に適した方法といえます。
手術中は患者様の身体の状態を常にモニタリングし、意識レベルを程よい状態にコントロールしていきます。

静脈内鎮静法の流れ

 width=
STEP1 治療前

治療前日までにあらかじめ全身の健康状態についてお話をうかがいます。高血圧症や糖尿病などの全身的な病気をお持ちの方は、必要に応じて内科主治医の先生に現在の状態やお薬の内容などをお聞きします。
治療当日は麻酔の担当医がお体の状態についてお話をうかがいます。
心配なことがあれば何でも聞きましょう。


 width=
 width=
STEP2 呼吸・血圧監視モニターの設置

呼吸や血圧を監視する簡単なモニターをつけます。家庭用の自動血圧計とほぼ同じものと考えてください。


 width=
 width=
STEP3 点滴(鎮静薬)の投与

お薬を点滴から少しずつ流して意識レベルを程よい状態に調整します。ここまでで10分〜15分ぐらいです。


 width=
 width=
STEP4 治療開始

実際の治療処置がはじまります。薬の効果を確認して、場合によりお口の中に痛み止め(局所麻酔)をします。眠気を感じるような状態です。



 width=
 width=
STEP5 点滴終了

一連の治療の中で、痛い部分、嫌な部分が終了した時点で点滴を終了します。点滴終了から5分ほどで意識レベルが通常に戻ります。



 width=
STEP5 治療後
 width=

治療後は、眠気やふらつきがなくなるまで休みます。意識・動作に問題が無いことを確認した後、他に問題がなければそのまま帰宅していただけます。安全のためには、一人での帰宅はなるべく避け、誰かに迎えに来てもらうかタクシーで帰宅するようにしましょう。





治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材