インプラントを長持ちさせるためのセルフケア

きちんとしたケアを怠ると?

セルフケアを怠ると インプラント治療をした後のケアを怠ってしまうと、インプラントの周りの骨や歯茎が、歯周病になることがあります。このことをインプラント周囲炎といい、骨や歯茎が痩せていき、最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまうことも考えられます。健康な歯とインプラントでは、支える歯茎の構造が違うため、炎症が起こると健康な歯よりも急速に悪化していく傾向にあります。

インプラント治療後は…

インプラント治療を受けた後は、自宅や外出先などでも毎日きちんとセルフケアを行い、お口の中を清潔に保つことでインプラントを守りましょう。

自分で行う歯磨きのコツ

セルフケアの基本は、歯磨きです。
ここではインプラントを長持ちさせるための“歯磨きのコツ”をご紹介致します。
歯ブラシの持ち方
▲ 歯ブラシの持ち方
Point1 歯ブラシの持ち方と磨き方

清掃効果が高いとされている磨き方は、歯ブラシの毛先を使い、細かく振動させる方法です。この磨き方を行う場合、歯ブラシを手のひらで握りこんでしまう持ち方では、力の入った磨き方になりやすい傾向があります。力が入ると歯ブラシの毛がしなって毛先が広がりだし、磨きたい面に当てることが難しくなります。また、角度をつけるなどの細かいコントロールが難しく、磨き残しをつくってしまいます。
歯ブラシを細かく振動させるために適しているのは、親指・人差し指・中指の3本の指で歯ブラシを持つ方法です。歯ブラシの力加減や、細かい動きのコントロールがしやすく、毛先を使う磨き方に適しています。慣れないうちは難しいように感じるかもしれませんが、汚れのたまりやすい「歯と歯の間」や「歯と歯茎の境目」を落とすためには、効果的な持ち方です。

Point2 歯磨き粉の付け方

歯ブラシに歯磨き粉をつける量は“米粒大”が適当とされています。歯磨き粉をつけすぎてしまうと歯の汚れが落ちていなくても、香料などによる爽快感から磨けたように感じてしまいます。また、発泡作用のある歯磨き粉は泡立ちのよさで歯磨きが短時間になってしまいやすい傾向があります。

【豆知識―歯磨き粉の粒子―】
歯磨き粉の中には研磨剤が入っているものもあります。まれではありますが、研磨剤の粒子の粗い歯磨き粉は、インプラントと歯茎の中に入り込み、炎症の原因となる事があります。粗い粒子が入っていない(つぶつぶ感のない)歯磨き粉を選ぶことが望ましいでしょう。

Point3 順番を決めて磨く

磨き忘れがないようにするために、磨く順番を決めて癖づけるのがよいでしょう。上あごから歯の並びに沿って一周するように歯ブラシを動かすと、磨き忘れの場所をなくすことができるでしょう。

■歯磨きの順番(例)
 1、上あご右の頬側の奥歯から順に、上あご左の頬側の奥歯まで磨く
 2、上あご左の裏側の奥歯から順に、上あご右の裏側の奥歯まで磨く
 3、上あご右・左の奥歯のかみ合わせを磨く
 ※同様に下顎も行う

【豆知識―利き手と磨き残しの関係―】

一般的に、自分の利き手と反対側(右手が利き手の場合左側)から磨き始める人が多く、また、利き手側の歯(右利きなら右側の歯)は磨きづらく短時間で終わらせやすいため、利き手側の歯は磨き残しが多い傾向にあります。利き手側に治療した歯が多い方は防止対策として利き手側から磨き始めるといいでしょう。

歯磨きは一人ひとりの歯並びや歯茎の状態によって合った磨き方があります。歯科医師や歯科衛生士によるプロのチェックとサポートを受け、お口の健康を保ちましょう。また、歯磨きだけでなく、生活習慣や食生活に注意し、定期的な検診も受けましょう。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材