インプラントと金属アレルギー

インプラント治療は、複数の部品を組み合わせて、見た目や噛む機能を回復させる治療法です。使用する部品は金属製品も含まれており、体質によっては治療を受けたことで金属アレルギーを引き起こす、または症状が重くなる可能性も否めません。ここでは、インプラントと金属アレルギーについてご紹介します。

インプラント治療では金属を使うの?

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨に埋め入れる「インプラント体人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つのパーツで主に構成されています。

実際に治療を受ける際、上部構造とアバットメントは、金属かジルコニアなどの非金属のものの中から選択することができますが、インプラント体は、ほとんどの歯科医院が金属であるチタン製のものだけを取り扱かっているため、金属を使用することになります(※)。

※現在、厚労省で認可されているインプラント体は、医療用グレードチタンのみですが、海外では非金属であるジルコニア製のインプラント体が販売されています。患者様の同意があれば、歯科医師の責任の下でインプラント製品の個人輸入及び使用が認められているため、すべて非金属材料を使ったインプラント治療を国内で実施しているところもなかにはあるようです。

注意!チタンアレルギーを持つ方もいます

チタンは、歯科以外の医療(ペースメーカー、骨折治療用の固定ボルト、人工関節など)でも応用され、金属の中でもアレルギーが出にくく、身体に対して有害な作用を及ぼしにくい特徴をもっています。

しかし、ごく稀に金属アレルギーの症状が出てしまう方もおられるようです。過去にアクセサリーなどでかゆみや湿疹などの皮膚トラブルの経験がある方は、治療を受ける前に歯科医師に伝えておきましょう。歯科医院によっては、治療後に金属アレルギーの反応がでることを避けるために、院内でパッチテストや採血などのアレルギー検査を実施したり、皮膚科で検査を受けるよう指示したりするなど、状態を確認してからインプラント治療を行うところもあるようです。 

金属アレルギーの仕組み

金属アレルギーの仕組み

唾液や汗などの体液と金属が繰り返し接していると、金属がイオン化され、体内のたんぱく質とくっつくことがあります。そうすると体内の免疫システムが反応し、これを排除することが必要だと認識して、アレルギー性を持つようになります。その後、再び同じ金属イオンが取り込まれた場合に、アレルギー反応が起こり、皮膚や粘膜の破壊が生じるといわれています。また、金属アレルギーは、過去に経験がなかった方でも、体調の影響によって、ある日突然発生することもあるようです。

さらに、お口の中は次のような特徴があるため、金属のイオン化が起こりやすい状態だといわれています。

  • 唾液があること
  • プラークからでる酸によって酸性化しやすいこと
  • 噛むことによって金属が磨耗すること

もし、インプラント治療後にチタンアレルギーがでたら…

治療後にチタンによる金属アレルギーが出た場合、パッチテストなどの検査を行います。チタンが原因と判明したら、原因を除去、つまりインプラント体を取り除く治療を受けなければ、症状は治まらないでしょう。除去した後は、失った歯の部分を入れ歯治療やブリッジ治療で修復することが多いようです。

チタンは、ニッケルやクロム、銀、パラジウム、水銀などと比べると、金属アレルギーを起こしにくいといわれています。金属アレルギーについて気になる方は、歯科や皮膚科を受診し、医師に相談しましょう。  




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材