歯を抜いたその日にインプラントを入れる「抜歯即時埋入」

抜歯後すぐにインプラントを入れる方法について

抜歯即時埋入とは?

事故などで歯の根っこが折れてしまったら、ブリッジや差し歯が悪くなって抜歯をすると、
歯茎に歯を抜いた痕の穴が残ります。
このように、歯がなくなった部分をインプラントで治療する場合、通常は歯を抜いた穴がきちんと治癒するまで2〜6ヵ月ほど待ってから治療を開始します。
これは、抜歯した後は、骨が安定するまでインプラント治療を行うことが難しいとされているためです。
しかし、治癒期間を待ってからインプラント治療を行う方法では、「治療期間が長くかかる」、「手術が二回以上必要になる」、「抜歯した部分の骨がやせていってしまう」などのデメリットもありました。

近年、これらの患者様の負担となるデメリットを解消すべく、技術やインプラント製品の向上によって、抜歯したその日にインプラントを埋め入れる技術が確立されました。
これを、抜歯即時埋入といいます。
この技術により、外科処置は一回になり、治療期間が大幅に短縮されるだけでなく、特に前歯では歯茎の形態がそのまま保存されて、より天然の歯に近い形のかぶせ物を入れることが出来るようになりました。

【抜歯即時埋入のメリット】

  • 抜歯とインプラント手術の外科処置が一回の手術回数で済むため、患者様の負担が少ない。
  • 抜歯と同時にインプラントを埋め入れるので、従来の約半分の治療期間で済む。
  • 抜歯直後は、生体の治癒力が活発に働くため傷口の回復が良い。
  • 歯茎などの軟組織の形態が維持しやすい。
  • 抜歯した部分の骨がやせにくい。

抜歯即時埋入法は、上記のように多くのメリットがある治療法です。
しかし、残念ながらすべての人が治療可能な方法ではありません。
「インプラントを埋め込むための十分な骨の量がある」、「歯周病にかかっていない」などの条件がそろっていることが必要です。
また、医師の高度なテクニックを必要としますので、どの歯科医院でも受けられる治療法ではありません。

抜歯即時埋入法の流れ

抜歯即時埋入法によるインプラント治療の流れをご紹介します。

 width=
STEP1 抜歯

痛んでしまった歯を抜きます。


 width=
 width=
STEP2 インプラントを埋め入れる

抜歯後すぐに、抜歯してできた穴をドリルで整え、そこにインプラントを埋め入れます。


 width=
 width=
STEP3 人工骨を補填する

穴とインプラント体の隙間に人工の骨を入れます。
その後歯、歯茎を閉じます。ケースによっては、仮歯を装着することが可能です。


 width=
 width=
STEP3 最終的な被せ物の装着

約3〜5ヵ月後、最終的な被せ物を装着し、治療は完了です。



タグ:
治療法抜歯即時

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材