インプラント治療の前に行うカウンセリングとは

インプラント治療を行う際のカウンセリングの位置づけ

お口の問題や悩みは人それぞれ

その人に合った治療計画を立てるためのカウンセリング

患者様によって抱えているお口の問題や悩み、求める治療などは異なります。カウンセリングでその思いを伝えておくことは、歯科医師が治療プランをたてるうえで重要な基盤となり、よりよい治療の提案や納得できる治療が受けられる可能性が高まります。

理解・納得するためのカウンセリング

カウンセリング保険適用となるインプラント治療は限られており、多くの患者様が自由(自費)診療となります。自由診療は、歯科医師(またはその医療機関)が独自に決めた治療方法に対し、全額自己負担で治療を受けるもので、医療機関との個別契約になります。歯科医師(またはその施設)によって、治療方針が異なることがあるのもこのためです。カウンセリングでは、歯科医師(またはその施設)の方針を聞いたり、分からないことがあれば質問したりして、その施設で治療を受けるかどうかの判断に役立てるものです。

患者様はどこまで話せばいいのか

  • 抱えている悩みや症状について
  • 治療への希望について
    【例】 改善したいこと、治療を一段落させたい時期、受けたい治療など
  • 病気やアレルギーの有無について
  • ライフスタイルについて
    【例】 治療に通えない時間帯・曜日・期間、引っ越しの予定など

カウンセリングの時間には限りがありますので、伝えたいことは予めまとめておきましょう。きちんと伝えずに治療を始めてしまうと、期待した結果が得られないことも考えられます。

カウンセリングの内容

インプラント治療は、歯並びや噛み合わせ、顎の骨、全身疾患などによって治療方法が大きく異なります。このようなことから検査を行ったうえで、相談や説明を行うところが多いようです。施設によってカウンセリングの内容は異なりますが、一般的に次のようなことが行われているようです。

■患者様からお悩みや希望などの話をじっくり聞く

    ■検査・診断(下記の患者様のデータを収集後、診断)
  • お口の状態(虫歯や歯周病、歯並び、噛み合わせなど)の診察
  • レントゲン診査(パノラマ、デンタル、CTなどの撮影)
  • お口の写真の撮影
  • 模型作製のための型取り
■診断結果の報告(例、お口の状態、インプラント治療を受けられるかどうかなど)
■受けられる治療法と費用の説明

カウンセリングの費用

費用に関しては、無料〜30,000円と大きく差があり、相談時間によって費用が変わるところもあります。無料相談を行う中には、検査費用が別途必要となることもるところもありますので、事前に確認されておくとよいでしょう。

インプラント治療は失った歯を回復させる治療の一つで、その他にブリッジや入れ歯などの治療があります。それぞれの治療にメリットとデメリットがありますので、担当の歯科医師とよく相談して受ける治療を選びましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材