従来の治療法とインプラントとの違い

入れ歯が合わなくて… 食べ物がうまく噛めない。
発音や発声がうまくできない。
入れ歯を使うと痛みや異物感を感じる。
健康な歯を削るのは…。

こういった[歯]や[入れ歯]でお悩みの方に [インプラント治療]をおすすめします。

インプラント治療って?

インプラントとは生体との馴染みが良く形成外科や移植分野で幅広く用いられてきたチタン製の「人工歯根」のことを言います。
人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して治療する方法です。
【従来法】
失った両隣の健康な歯を削ってブリッジにして固定します。
【インプラント】
失った部位だけにインプラントを埋めますので、健康な歯を傷つけません。
【従来法】
健康な歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。
【インプラント】
入れ歯の床や金具の違和感がなく、バネをかけた健康な歯への負担もありません。
【従来法】
総入れ歯は歯肉との吸着で支えています。ガタつきを起こし易く、味覚も損なわれます。
【インプラント】
インプラントで顎の骨にしっかりと固定されますのでガタつきがなく安定します。

資料提供:アスパックコーポレーション

タグ:
治療法比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材