歯茎が痩せている場合のトラブル

歯茎は、歯周病や加齢、歯ぎしり、強い力でのブラッシングなどによって、痩せてしまうことがあります。痩せてしまった歯茎は、健康な歯茎と比べて、様々なトラブルを引き起こす要因となります。ここでは、歯茎が痩せた場合のトラブルについてやインプラント治療を行う場合の手術についてご紹介致します。

歯茎の表面の構造

歯茎の表面の構造
▲歯茎の表面の構造

ひっぱると動く歯茎、動かない歯茎

歯茎は正面から見た状態で大きく分けると2つの部分から構成されています。

  • A. 角化歯肉・・・コラーゲン繊維が多くて丈夫な部分
  • B. 歯槽粘膜・・・コラーゲン繊維が少なく傷つきやすい部分

『角化歯肉』は顎の骨に付着していて、頬や唇をひっぱると動かないのが『角化歯肉』、ひっぱると動くのが『歯槽粘膜』です。一般の方でも簡単に見分けることができます。

角化歯肉が不足している場合のリスク

『角化歯肉』が少ないと、次のような歯茎のトラブルを引き起こす可能性が高くなります

  • 歯ブラシの圧力に弱く、歯茎が退縮しやすい(痩せやすい)
  • ブラッシング時に痛みを感じ、磨くことにテクニックを要するようになる
  • 頬や唇の動きとともに歯茎がひっぱられ、『歯と歯茎の間の溝』に汚れが入りやすくなる

インプラント治療を行う場合の歯茎の移植手術

インプラント治療を受けた場合も同様のリスクが考えられます。インプラント治療を行う際に『角化歯肉』の幅が少ない、またはほとんど無い場合には、このようなトラブルを避けるために、インプラント治療と並行して歯茎の移植が行われます。歯茎の移植手術には、下記の方法があります。

  • 1. CTG:Connective Tissue Graft(結合組織移植)
  • 2. FGG:Free Gingival Graft)(遊離歯肉移植)

【治療の適応】
  • 歯の根っこが大きく露出している場合
  • 重度の歯周病によって抜歯し、その後のインプラント治療で角化歯肉が足りない場合
  • 骨移植を伴うインプラント治療で、角化歯肉が足りない場合

詳しくはそれぞれ下記をご覧ください。

歯茎が痩せてしまわないために、歯に問題が起きたら、すぐに歯科医院へ相談に行くようにしたり、日頃から、適切なお手入れを行うように習慣付けましょう。また、移植手術がお口の状態に適した治療かどうかは、歯科医師の裁量によって異なりますのでよくご相談ください。



タグ:
トラブル歯茎

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材