インプラントの種類 2ピースタイプ・1ピースタイプの特徴

インプラントの構造

インプラントの構造
▲ インプラントの構造
歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント(人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つの部品で構成されています。

埋め入れるインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結する「2ピースタイプ」とインプラントとアバットメントが一体化している「1ピースタイプ」のものがあります。それぞれの特徴をご理解いただくために、まず、インプラント治療の流れについて、簡単にご説明します。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、歯茎を切ってあごの骨をさわる外科手術が必要です。外科手術には、一回法二回法があります。
二回法 1回目手術終了後(例)
▲ 1回目手術終了後(例)
PATTERN1 二回法

二回法では、外科手術を2回行います。1回目の手術で、インプラントをあごの骨に埋め込み、一度歯茎を閉じた後、インプラントと骨が結合するのを待ちます(約3〜6ケ月)。2回目の手術で、再度歯肉を切開し、インプラントにアバットメントを連結します。(連結する際、新たに形成された骨が周辺を覆っている場合は少し骨を削ります。)

一回法 手術終了後(例)
▲ 手術終了後(例)
PATTERN2 一回法

一回法では、外科手術を1回のみ行います。手術でインプラントを埋め込み、アバットメント連結まで行います。あごの骨の状態によっては、ヒーリングアバットメントといわれるキャップを歯茎から少し出た状態で歯茎を縫い合わせる方法もあります。その場合には、骨にインプラントがしっかり結合するのを待ってから、ヒーリングアバットメントを外し、通常のアバットメントを連結します。

これらの外科手術を経て、人工の歯の作製へ治療が進みます。

インプラント体の特徴

それでは、「2ピースタイプ」と「1ピースタイプ」のインプラントは、一回法、二回法のどのような場合に使用するのでしょうか。それぞれの特徴についてもご紹介します。

「2ピースタイプ」の特徴
2ピースタイプ
▲2ピースタイプ

インプラントとアバットメントをネジで連結するタイプのもので、装着する部品が2つあります。一回法と二回法のどちらでも対応することができます。

【長所】
  • ほとんどのケースで適用できる。(あごの骨が痩せている方や審美性を求める方、全身疾患をお持ちの方など)
  • 治療の進め方(一回法・二回法)の応用がきく。
  • お口の状態と治療経過に合わせて、数種類の中からアバットメントを選択して連結でき、人工の歯の形態を必要に応じて変えることができる。
  • インプラント部分に強い衝撃を受けた場合、アバットメントのネジが折れることにより、インプラントと骨の結合へのダメージを避けることができる可能性がある。

【短所】
  • 2回の外科手術を必要とした場合、患者様への身体への負担がかかる。
  • 1ピースよりも部品が多いので、費用が高い。
  • 人工の歯が入るまでの工程が複雑なので、1ピースよりも治療時間がかかる。
  • アバットメント装着後、インプラントとをつないでいるネジが緩む可能性がある。
「1ピースタイプ」の特徴
1ピースタイプ
▲1ピースタイプ

インプラントと、アバットメントが一体化したタイプのものです。一回法に用いられます。 二回法と比べて、アバットメントを連結させるために歯茎を切開する手術の必要なくなります。

【長所】
  • 1回の外科手術で済むため、患者様の身体への負担が軽い。
  • 2ピースよりも部品が少ないので、費用が抑えられる。
  • 人工の歯が入るまでの工程が単純なので、2ピースよりも短い治療時間で済む。
  • ネジの緩みの心配がなく、強度に優れている。

【短所】
  • あごの骨の厚みが十分にあるケースに限られる。
  • 埋め入れたインプラントの方向で、人工の歯の形態がある程度決まってしまう。
  • アバットメントにトラブルが発生した場合、インプラントごと撤去しなければならない恐れがある。
歯科医師に相談

日本国内で使用されているインプラントは30種類以上あるとされており、それぞれが特徴を持っています。長所・短所も様々なため、一人の患者様に対して単一のインプラントだけで治療を行うのではなく、治療する部分に応じてインプラントの種類を選択して行う場合もあります。まずは、歯科にて精密検査と診断を受け、お口の状態を把握したうえで、治療方法について歯科医師とよく相談しましょう。