傷んだ組織の治癒後にインプラントを入れる「抜歯待時埋入法」

抜歯後一定の期間を経てインプラントを埋める方法

抜歯待時法とは

抜歯待時埋入法とは、抜歯をして、傷口がある程度回復した4〜16週後にインプラントを埋入する方法をいい、インプラント治療が始まった頃から行われている治療法です。

抜歯待時法を行う理由

抜歯が必要な歯の状態
▲抜歯が必要な歯の状態

虫歯や、歯周病、外傷などによって抜歯が必要となった歯は、歯を支える周りの顎の骨が吸収して(痩せて)いたり、歯茎が損傷していたりします。その損傷が大きい状態でインプラントを埋め入れてしまうと、感染のリスクが高まったり、治療後の見た目や機能に悪影響を及ぼしたりすることがあります。近年の傾向としては、治療期間を短縮できることから、抜歯後すぐにインプラントを埋め入れる「抜歯即時埋入法」が多く用いられるようになっています。しかし、お口やお身体の状態によっては、抜歯待時埋入法で行うことが適していることもあり、現在でもインプラント治療に取り入れられている方法です。ここでは、抜歯待時埋入法についてご紹介します。

インプラントを埋め入れるタイミング

抜歯待時埋入法では、インプラントを埋入するタイミングとして、2つの方法があります。

  • 1.歯茎の治りを待って、抜歯から1〜2ヶ月後にインプラントを埋め入れる方法
  • 2.歯茎と部分的な顎の骨の治りを待って、抜歯から3〜4ヶ月後にインプラントを埋め入れる方法
どちらの方法が適しているかについては、歯科医師の診断によって異なります。

●他にもインプラントを埋め入れるタイミングがあります 〜「遅延埋入法」〜
歯茎と顎の骨が完全に治ることを待って、抜歯から6ヶ月以降にインプラントを埋め入れる方法を「遅延埋入」といいます。骨の治りに長期間必要とする場合に適用されます。抜歯から6ヶ月を経過した顎の骨は、次第に痩せていく傾向にあるため、骨移植と併用されることがあります。

抜歯待時埋入法のメリット

  • 治療の適応対象が広い
  • 感染のリスクを最小限にできる
  • 部分的な顎の骨の治りを待った場合は、抜いた歯の形態に左右されにくいため、理想的な位置にインプラントを埋め入れられたり、良好な初期固定を得られたり(骨の中に安定した状態でインプラントを埋め入れられたり)することが期待できる。

「抜歯即時埋入法」と比較したメリット

  • 高度な技術を要しないため、早期にインプラントが脱落する可能性が低い
  • 歯茎の移植(歯茎の見た目を整えたり、機能的にしたりするための手術)をすることや、歯茎を縫い合わせたりすることが容易である。

抜歯待時埋入法のデメリット

「抜歯即時埋入法」と比較したデメリット

  • 傷口が治ることを待ってからインプラントを埋めるため、治療期間が長くなる
  • 外科手術が1回多くなる

インプラント治療には、いろいろな方法があり、お口やお身体の状態によって適した治療法は異なります。詳しくは、インプラント治療を行う歯科医院でご相談ください。



タグ:
治療法抜歯待時埋入

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材