高齢者の方がインプラント治療受ける場合の注意点(3)

治療を受けるときに、自分自身で注意すること

インプラント治療では、治療前・治療後に関わらず、インプラントを長持ちさせるために、患者様ご自身で注意できることがあります。特に高齢者の方は、注意するポイントを知り、それを怠るとどんなことが起こるのか、理解しておきましょう。

■喫煙について
禁煙

たばこを吸うと、歯茎の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、傷の治りが遅れたり、インプラントと骨の結合を妨げ、治療の失敗の原因となることがあります。医院から提示された期間は、喫煙しないよう努めましょう。

■ブラッシングについて
ブラッシング

抜歯することが決まっている歯でも、丁寧にブラッシングしましょう。お口の中に停滞している細菌と食べ物のカスは、時間が経つと虫歯や歯周病の原因となる細菌のかたまりになります。この細菌のかたまりは、インプラントを埋め入れる手術の成功率を下げると言われています。

また、治療後に細菌が多いとインプラント周囲炎(歯周病)になりやすく、最悪の場合には、あごの骨からインプラントが抜け落ちる可能性がります。治療前も治療後も、お口の中を清潔に保ちましょう。

インプラント治療を快適に受けるためにも、治療後にインプラントを長持ちさせるためにも、ご自分で注意できることは積極的に取り組みましょう。



タグ:
注意点年齢

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材