他の治療法と比較したインプラントの長所と短所

インプラント(人工歯根)
人工歯根
自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来ます。

  1. 自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
  2. 周りの歯を傷つけません。
  3. 見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
  4. インプラントがあごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。

  1. 歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
  2. 強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
  3. 歯触りがにぶいです。
■インプラントの費用
現在、保険制度はありません。
費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同じ程度です。
治療本数、部位などによって費用は多少異なります。先生と御相談ください。
ブリッジ
 width=
歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります。

  1. 費用をかければ、見た目の仕上がりもよくなります。

  1. ブリッジを固定するために、歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります。
  2. 歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。
  3. 発音に問題のある場合があります。
■ブリッジの 費用
保険の適用されるものもあります。
見た目にも良くて、使い心地の良いものは保険の適用がなく数十万円かかります。
入れ歯 (義歯)
義歯
入れ歯の手入れが
毎日必要になります。

  1. 一般的な治療ですから、比較的簡単に治療が受けられます。

  1. かみ心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もあります。
  2. 入れ歯に違和感を感じることがある方がいます。
  3. 発音がうまく出来ない場合や、見た目も良くない場合がある。
■入れ歯の費用
保険の適用されるものもあります。
見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。
資料提供:アストラテック株式会社

タグ:
治療法入れ歯ブリッジ比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材