インプラント治療の流れ

 診察、レントゲン撮影、全身の既往歴、骨の量などのチェックを行い、治療計画を立てます。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。
 インプラントを埋める部分の歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。
 インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの治癒期間を設けます。治癒期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差があります。又、この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活に支障はありません。
 小手術によりインプラントのヘッド部を露出させ人工の歯が接続できるようにします。
 お口の中の型を採り、インプラントに接続される人工の歯を作製します。
インプラントに人工の歯を装着します。
 インプラントを長持ちさせるには治療後のお手入れが大切です。先生の指導に従い、正しいブラッシングを行いお口の中を清潔に保つように心がけてください。半年〜1年に1回の定期検診でインプラントの状態をチェックします。
資料提供:アスパックコーポレーション

タグ:
治療の流れ手術治療計画

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材