医療費控除の申告方法と還付額

インプラント治療で支払った治療費の申告で、税金の負担額を少なくすることができる医療費控除の制度は「インプラントは医療費控除で安くなる!」でご紹介しました。ここでは、医療費控除の申告方法についてご紹介します。

申告の時期

いつ申告するの?

医療費控除のような還付申告だけであれば、1月1日〜12月31日分の申告を、その次の年の1月1日から5年間提出することができます。確定申告が必要な方は、2月16日から3月15日の間に提出することが必要ですが、この時に併せて申告することもできます。

申告の時期

申告方法と提出の仕方

申告方法と提出の仕方

どうやって申告するの?

確定申告自体は、医療控除は領収書を添付する必要がありますので、プリントアウトしたものを送付するか、税務署に直接持参します。インターネットから直接送付することもできます。

<申告書の作成方法><作成に必要な物>
  • サラリーマンや公務員などの給与所得者は源泉徴収票
  • 医療機関や薬局などの領収書(ローンを利用した場合は契約書の写しや内容がわかるもの)
  • 交通費の領収書など
  • 還付を受ける銀行口座番号、または、郵便貯金口座番号が確認できるもの
  • 印鑑
<提出方法>
  • 書類を郵送する
  • 税務署に持参する。
  • e-Tax[イータックス](国税電子申告・納税システム)で送信する。
    (※)パソコンの環境を整え、住民基本台帳カードやICカードリーダーが必要です。

わからないことがあればお住まいの管轄の税務署で相談しましょう。税務署に行くことが難しい方は、会計士、税理士、社会保険労務士に相談されてもよいでしょう。

申告のポイント

申告は、家計の中で最も所得が多い人がまとめて行うこともできれば、共働きであればそれぞれが申告をすることもできます。国税庁のホームページを参考に計算し、還付額が大きくなる方を選ばれるとよいでしょう。

医療費控除を申告したことによって、結果的にインプラント治療にかかった費用を下げることが期待できます。領収書などは日ごろから整理して、保管しておきましょう。


タグ:
医療費控除

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材