日本橋インプラントセンター

もし歯が無くなったら

もし、歯を失ってしまった場合に現在考えられる選択肢には、このようなものがあります。

1本の歯が失くなったら・・・?
  1. 両隣の歯を削ってブリッジ
  2. 両隣の歯にバネをかけて部分入れ歯
  3. インプラント
  4. 歯牙移植(親知らず等の非機能歯がある場合)

■入れ歯は取り外しの煩雑さがあり、ブリッジは隣の健康な歯を削る必要があります。


インプラント術前


インプラント術後


インプラント術前

インプラント術後

奥歯が数本失くなったら・・・?
  1. 入れ歯
  2. インプラント

■この段階で入れ歯を選択した方は数年後にバネのかかっている歯が揺れてきて抜歯の可能性が高くなります。つまり入れ歯の歯がだんだんと多くなっていきます。

インプラント術前 インプラント術後

ほとんど(全部)歯が失くなったら・・・?
  1. 総入れ歯
  2. インプラント

■入れ歯は何回調整しても同じことの繰り返しです。もし「10年以上も部分入れ歯でも調子がいい」という方は顎全体が写っている大きなレントゲン(パントモ)で確認してみて下さい。おそらく信じられないほど顎の骨が溶けているはずです。
今はインプラントという選択肢があります。

インプラント術前
土台制作
インプラント術後

資料提供
日本橋インプラントセンター

院長:玉木 仁先生

医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材