インプラントは歯が一本もなくてもできるのか

歯が一本もなくてもインプラントにすることは可能です。あごの骨がインプラント治療をできる状態であれば、残っている歯があるかないかは問題になりません。大切なのは、インプラント治療を行なうための第一条件であるあごの骨の量があるかどうかです。場合によっては歯を支えられる本数の人工歯根を埋めるには、上下ともにあごの骨の量が少ないというケースもあります。 入れ歯



タグ:
歯がない顎の骨

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材