口腔内の健康を保つために 〜歯周病と薬の副作用の関係〜

歯周病と薬の副作用の関係

ある種の薬を長い時間飲み続けていると、歯肉炎を誘発し、歯茎が赤く腫れて、ブラッシング時に出血するといった症状がでる場合があります。

歯周病と薬の副作用の関係性

薬によって起こる歯ぐきの腫れを、「増殖性歯肉炎」または「歯肉肥大症」と呼びます。
歯ぐきが腫れてふくらむ症状で、通常の歯肉炎とは異なり、歯ぐきの表面は硬く弾力性があります。ふくらみかたは大きく、歯の頭の大部分が隠れてしまう場合もあります。

これは、てんかんの薬のダイランチン、高血圧の薬で血圧を下げる降圧剤のニフェジピン、臓器移植を受けた後や自己免疫疾患に対して投与される免疫抑制剤のシクロポリンなどといった薬物を長期間服用していると、炎症を起こしている歯肉に薬が作用し、歯肉の過剰な増殖を引き起こしてしまうためです。

もともと口の中が清掃不良で不潔になり歯肉炎になっていることが元凶なので、歯の周りのプラークや歯石を取り除き、薬の量や種類を調節することによって治療が可能になります。 また、薬を飲んでいなくても、遺伝的に過度の歯肉増殖が生じる「遺伝性歯肉繊維種症」というものもあります。
この場合は、歯の周りの汚れをとって歯肉の状態が一時的に元に戻っても再発しやすいことがしられています。

タグ:
歯周病歯茎高血圧歯石歯肉炎副作用

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材