トラブルを防ぐためのインプラント治療前の検査項目

インプラント治療は、歯茎を切って、あごの骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要です。そのため、治療を始める前に、歯やお口の中の状態はもちろんのこと、全身の健康状態を把握しておくことが大切です。また、ご自身が心配に思っている症状が、どのような検査を受けることで、治療が可能と判断されるのか、事前に知っておくことも大切です。ここでは、インプラント治療前の検査項目についてご紹介します。なお、実施される検査項目は、歯科医師の判断によって歯科医院毎に異なります。

問診

問診

問診は、これから行う検査項目を決める判断材料となり、適切な診断や治療法の提案を受けるためにも重要です。自分自身の情報をしっかりと伝えおきましょう。

既往歴、現病歴の有無

まず始めに、過去にかかった病気や、現在かかっている病気の有無について尋ねられます。インプラントの外科手術では、痛みや出血を抑えるために局所麻酔を使ったり、術後の感染や痛みを防ぐために内服薬を飲んだりします。重い全身疾患がありながら外科手術を開始すると、全身状態の悪化や、埋め入れたインプラントが骨と結合しないなどのトラブルが予測されます。該当するものがあれば細かく伝えるようにし、場合によっては治療方法を検討するために、かかりつけの病院の医師に連絡をとることもありますので、病院の連絡先を持参しましょう。

アレルギーの有無

過去に受けた麻酔や、食べ物、金属、薬などによって、体調に変化が生じたことがあれば伝えましょう。(たとえば、気分が悪くなった、湿疹がでた、下痢になったなど)原因が定かでない場合は、アレルギー検査を行うことがあります。

服用薬

服用しているお薬があれば、お薬と一緒に渡される薬の説明書、もしくはお薬自体を歯科医師に見せましょう。外科手術の際に服用するお薬と重複していないか、飲み合わせが悪くないかなどのチェックが行われます。
【注意】これまでに骨粗鬆症で注射や内服薬などの治療を受けた方は、必ず伝えるようにしましょう。薬や期間の調整をせずに外科手術を行った場合に、あごの骨が壊死する恐れもあります。

口腔内診査

虫歯や歯周病の有無

重度の虫歯歯周病があると、その炎症によって感染し、インプラントが骨と結合しないこともあります。お口全体の状態を確認し、外科手術前に治療すべきところや、インプラント治療と並行して治療できるところを判断します。

噛み合わせや、顎関節、粘膜などの状態

噛み合わせや、顎関節、粘膜などの状態を確認し、異常が見つかれば適切な治療を行います。

唾液の検査

唾液の検査では、主に唾液の量や、質、虫歯菌、歯周病菌などについて調べ、虫歯や歯周病のリスクを知ることができます。インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病(インプラント周囲炎)になることはあります。状態を把握することで、より効果的な治療と予防を行うことができるでしょう。

パノラマ、デンタル撮影

レントゲンの種類

パノラマ(イラスト上)」は、鼻から下あごまでのおおまかな平面の全体像を把握することができ、「デンタル(イラスト下)」は、2〜3歯とその周囲組織の平面像を詳しく確認することができます。歯科医師の判断により、いずれか一方を撮る場合と、両方撮る場合があります。

CT撮影

歯科用CT

CTは、あごの骨の厚みや高さ、神経や血管の走行位置など、お口全体の状態を立体画像であらゆる角度から診査できます。そのため、損傷や貫通などのトラブルを軽減できると考えられ、インプラント治療を受ける多くの方がCT撮影を受けています。また、歯科医院によっては、そのCTのデータをパソコンに移して、埋め入れる予定のインプラントの太さや、長さ、位置、角度などがシミュレーションできるソフトを設備しているところもあります。このようなソフトがあると、治療前に入念に診査や診断ができるため、偶発事故がさらに起こりにくくなるでしょう。

血液検査

インプラントを埋め入れる外科手術の前に、「血が止まりにくいことは無いか」、「外科手術を受けることができる体調であるか」など、全身の健康状態を把握しておく必要があるため、血液検査の結果データが必要となります。血液検査をしてから1年以内の必要なデータが揃っていない場合は、その歯科医院、または近くの内科で検査を受けることがあります。なお、患者様の年齢や、問診の内容、外科手術の範囲によっては行わないこともあります。

血圧測定

血圧測定

事前に何度か血圧測定をし、普段の血圧の数値を把握することがあります。血圧が高い場合は、治療中に脳出血や脳梗塞などを引き起こす可能性がありますので、インプラント治療の前に内科で治療を受けることが必要となります。

尿検査

重度の腎疾患があると、傷が治りにくいことや、血が止まりにくいこと、インプラントがあごの骨と結合しないことなどが考えられます。「長らく健康診断を受けていない場合」「過去に尿検査で異常を指摘されたにも関わらず、定期な通院や検査を受けていない場合」に、尿検査の結果データが必要となることがあります。尿検査をしてから1年以内の必要なデータが揃っていない場合は、その歯科医院、または近くの内科で検査を受けることがあります。患者様の年齢や、問診の内容、外科手術の範囲によっては行わないこともあります。

アレルギー検査

チタンのアレルギー検査

埋め入れるインプラントは、一般的にアレルギーがでにくいとされている「チタン」を使用しますが、なかにはアレルギー反応を示す方もおられます。「問診で疑わしいアレルギー症状がある場合」、治療前に血液検査や、パッチテスト、皮内テストなどの結果データが必要となることがあります。パッチテストや皮内テストなどを受ける場合は、皮膚科へ受診となることがほとんどです。

インプラント手術に伴うトラブルを回避し、長期的に安定した状態で使い続けるためには、十分な問診や検査が重要となります。検査項目について不安や疑問があれば、担当の歯科医師に聞いてみましょう。