補綴[ほてつ]歯科とは

「補綴」という言葉を聞いたことがありますか?

補綴とは、身体の欠損した部分を人工物で補うことをいい、歯の機能や見た目の回復、義眼や義耳のような見た目の回復や、口蓋裂 [ こうがいれつ ] の閉鎖のように機能的な回復などがあります。ここでは、歯科でいう補綴がどのような治療であるかご紹介します。

補綴歯科とは

補綴歯科は、主に虫歯や歯周病、事故などで、歯が欠けてしまったり、歯を失ったりした場合に、補綴装置(または、補綴物)を用いてお口の機能や見た目を回復させる治療を指します。補綴装置には、クラウン(被せ物)、ブリッジ、部分入れ歯、総入れ歯、歯科インプラントがあります。

◆クラウン(被せ物)
何らかの理由で歯冠(歯茎から上部分)のほとんどを失い、歯根(歯茎から下部分)が残せる場合に受けられる治療法です。歯冠部分を覆うように被せます。
◆ブリッジ
部分的に歯を失った場合に受けられる治療法です。失った歯の“隣の歯”を土台として、一体型の補綴装置(ブリッジ)を被せて、抜けた歯を補います。
◆部分入れ歯
部分的に歯を失った場合に受けられる治療法です。残っている歯にクラスプ(バネ)などをかけて入れ歯を安定させ、抜けた歯を補います。
◆総入れ歯
すべての歯を失った場合に受けられる治療法です。歯茎との吸着力で入れ歯を支えます。
◆歯科インプラント
部分的?すべての歯を失った場合に受けられる治療法で、「インプラント補綴」とも呼ばれることがあります。歯を失った部分に外科手術で人工歯根(チタン製)を埋め込み、上部構造と呼ばれるクラウンやブジッジのような補綴装置を接続させます。

補綴装置の材料には金属やセラミックなど複数あり、その中から選択できる歯科医院が多くあります。お口やお身体の状態によっては、希望する補綴装置を使った治療が受けられないこともあります。詳しくは、担当の歯科医師とよくご相談ください。

歯科治療で補綴が大切なワケ

歯を失った場合

歯が大きく欠けてしまったり、歯を失ったりしたままで放っておくと、その周りの歯が倒れてきたり、噛み合う歯が伸びたりして、噛み合わせや歯並びのバランスが崩れてしまうことがあります。バランスが崩れてしまうと、発音、見た目、顎関節などに悪影響を及ぼすことや、よく噛めないことから胃腸に負担がかかることなど、様々な弊害が生じることが考えられます。
これらを予防し、お口の正常な機能を発揮、維持できる補綴治療はとても大切です。痛みや腫れが治まったからといって、歯科医院での治療を中断しないようにしましょう。

虫歯や歯周病、事故以外にも、食べ物がしっかり噛めない、顎関節の不調(口が開きづらい、口を開けると音がするなど)に対して、噛み合わせを整えるために補綴治療が行われることもあります。お困りの方はお近くの歯科医院でご相談ください。



タグ:
入れ歯ブリッジ比較補綴

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材