ブリッジや部分入れ歯でお悩みの方へ

おすすめポイントご紹介

現在、失った1本の歯の治療で、ブリッジや部分入れ歯をされている方の中で、何らかのお悩みをお持ちの方や、これから治療を検討され、どの治療を行うか迷っている方はいませんか?
ここでは、このようなお悩みをお持ちの方が、ご自身の症状に合った治療法を選択できるように、インプラント治療をおすすめするケースについて簡単にご紹介します。

ブリッジのイメージ
▲ブリッジのイメージ

■健康な歯を削りたくない

歯を1本失った治療法として、ブリッジ治療があります。ブリッジ治療は、失った歯の“隣の歯”を土台として、人工の歯(ブリッジ)を被せる治療方法です。土台となる歯を削るだけでなく、場合によっては、健康な歯の神経を抜かなければならないこともあります。神経を抜いた歯は、血液供給が無くなるため、もろくなりやすく、歯の根っこが割れる可能性が高くなります。また、失った歯に加わっていた力を土台となる歯が負担することになるので、土台の歯の寿命が短くなる傾向があります。

一方、インプラント治療の場合、隣の歯に負担をかけることなく、見た目や機能を回復することができますので、他の歯の寿命を延ばすことにもつながります。

キレイな見た目で快適に

■キレイな見た目で快適に過ごしたい

ブリッジ治療は、歯を失った部分の顎の骨に噛む刺激が伝わりにくいため、治療後には、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、ブリッジとの間に隙間ができて、見た目に大きく影響することがあります。また、これにより、空気が漏れて話しづらくなることもあります。その場合には、人工の歯(ブリッジ)を作り直す再治療が必要となります。

一方、インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め入れるため、噛む刺激が顎の骨に伝わり、骨が痩せてしまうことを防ぎます。骨が痩せにくく、見た目を損なう心配が少ないので、キレイな見た目の歯でお過ごししたい方にお勧めです。

■一番奥の歯を失い、ブリッジ治療を選択できない

一番奥の歯を1本失った場合は、部分入れ歯かインプラント治療のどちらかを選択することになります。部分入れ歯を使用すると、バネをかける歯へ負担がかかることと、経年的に顎の骨が痩せて(吸収して)しまい、定期的に入れ歯の作り換えが必要となります。

一方、インプラント治療は、周囲の歯に負担をかけることや、顎の骨が痩せてしまうことを防ぎますので、歯の健康をお考えの方にお勧めです。

※一番奥の歯を失った場合、お口の状態によっては、延長ブリッジ(一番端にポンティックのあるブリッジ)での治療が受けられることもあります。

お口やお身体の状態によっては、インプラント治療が受けられないこともありますので、詳しくはかかりつけの歯科医師とご相談ください。



タグ:
治療法奥歯審美適応

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材