インプラント治療でのセカンドオピニオンのポイント

インプラント治療

インプラント治療においては、施設によって精密検査の方法や手術方法、使用するインプラントの種類、上部構造(人工歯)の種類などが大きく異なるため、多くの選択肢があります。また、選択した方法や材料によって、治療期間や費用が変わってきますので、提案内容は担当する歯科医師によって様々です。診断や治療方針の説明を受けたうえで、自分の考え方と違いがあったり、迷いや不安がある場合は、セカンドオピニオンを活用してみましょう。

セカンドオピニオンを受ける前に

セカンドオピニオンを受けずに、不安が取り除けることも考えられますので、まず初めに担当医から、次のことをしっかりと聞いておきましょう。

  • 自分の顎の骨の状態に問題があるか
  • インプラント治療を受けられる健康状態であるか、全身疾患がある場合にはそれがインプラント治療に及ぼす影響
  • 適切な治療方法と、そのメリットやデメリット、リスクがあるか
  • 適切な治療方法以外を受けた場合にどのような影響がみられるか(
  • それぞれの治療にかかる期間と費用
  • インプラントや上部構造が外れた場合の対応、保証制度の有無
  • メインテナンスにかかる費用と通院頻度

これらの説明を聞く中ででてきた疑問は、必ず担当医に確認しておきましょう。セカンドオピニオンをとる場合は、担当医に伝え、書類を用意してもらうことが必要です

「適切な治療方法以外を受けた場合にどのような影響がみられるか」について
【例】骨が薄いと診断されたが、骨移植を受けずにインプラント治療を受ける方法を希望している。
<そのまま治療を受けた場合>
骨が少ない分、人工の歯が長く見え、見た目に影響が出てしまうことや、インプラントが早期に抜け落ちる確率が高くなることなどの懸念がありますが、費用を抑えたり、治療期間を短くできたりすることもあります。
<骨移植を選択した場合>
見た目や機能に問題がでることは少ないですが、骨移植によるリスクが伴うことや、治療期間や費用がかかることなどが挙げられ、どのような治療方法にもメリット・デメリットがあります。

このようなことをきちんと把握しておくと、後に治療の選択がしやすくなるでしょう。

セカンドオピニオンで得られること

  • 提示された診断や治療方針について理解を深められる
  • 提示された診断や治療方針の妥当性を確認できた場合、担当の歯科医師を信頼して治療が進められる
  • 新たな治療方法を知り、治療の選択肢が増えることもある
  • 誤診を防ぐ

■ポイント1
言い出しにくいこととは思いますが、勇気を出して担当医にセカンドオピニオンの希望を伝えましょう。紹介状やレントゲン写真を用意することができなかったとしても、相談を受けてくれる歯科医師も中にはいますが、データがないためごく一般的な意見になってしまうことが多いようです。

■ポイント2
セカンドオピニオンを拒まれた場合は、患者様自身のことを第一に考えずに治療を進める可能性が高いため、他の施設で治療を受けることを検討されるとよいでしょう。

セカンドオピニオンの注意点

受ける前の注意点

  • 原則としては治療を受ける本人が対象となります。本人以外の方だけでセカンドオピニオンをとる場合は、その患者様の同意書が必要となることや、受けられないこともあります。
  • 相談時間に限りがありますので、聞きたいことの要点を事前にまとめておきましょう。

受ける際の注意点

  • セカンドオピニオンをとりに行ったところで、相談内容をあまり聞かずに転院を薦めたり、安く治療できることをアピールしたり、治療を早期に行うことをそそのかしたりする歯科医師もいるようです。話をきちんと聞かない歯科医師の下での治療は、後にトラブルが生じやすいことが考えられますので注意しましょう。
  • 説明を受ける中で分からない専門用語がでてきたら確認し、分かりやすいように補足しながら説明することを求めましょう。

セカンドオピニオンを受けたら

セカンドオピニオンで得た情報や自分自身の考え方の変化を、基本的には担当医に報告しに戻ることになります。担当医に相談しながら、自分自身にとってよりよい治療方法を選びましょう。

セカンドオピニオンをとることは、インプラント治療について正しく理解することができ、また、担当医以外の意見を聞くことで自分の考えがまとまりやすくなることが期待できます。上手にセカンドオピニオンを活用して、これからの治療に役立てましょう。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材