歯周病治療のための外科手術

歯周病とインプラント

歯周病に侵されてしまい、残念ながら歯を失うことになった場合には、インプラント治療を勧められることがあります。インプラントはチタン製のボルトを顎の骨にを埋め込み骨と結合させることで、人工の歯根としての役割を果たします。しかし、肝心な顎の骨が歯周病に侵されていては、インプラントを埋め込むことができません。そのために歯周病の治療は最優先でおこなわれなくてはならないのです。インプラントを埋め込んだ後にも、残った天然歯が歯周病に侵されることがあります。治療後は歯周病にならないように、適切な歯の清掃を習慣づけましょう。

多くの歯が歯周病に侵された場合の治療

歯肉に炎症を起こしており、歯周ポケット検査では5mm〜8mmも深くなっている患者様です。実際に顎の骨を見てみると、炎症でやせ細っていました。これでは歯がぐらぐらし、そのままにしておくと抜け落ちてしまいます。歯根の周囲の汚れを除去し、でこぼこになった骨の形を整えていきます。1ヶ月後、歯肉の腫れもなくなり、きれいになりました。

治療前
治療前
骨の吸収
顎の骨の状態
治療後
治療後

1本の歯が歯周病に侵された場合の治療

一見、健康そうに見えますが、1本の歯の顎の骨(歯槽骨)が歯周病に侵されていました。こちらの患者様も骨がだいぶ減っておりましたので、骨の形を整えました。歯肉の炎症も治まりましたので、クラウンをかぶせ治療が完了です。
治療前
治療前
骨の吸収
顎の骨の状態
治療後
治療後

歯並びで歯周病に侵された場合の治療

一部歯並びがでこぼこし、清掃器具が歯周ポケットまで届かないところがあったため、歯周病に侵されていた患者様です。歯並びの矯正治療をすることで清掃性が良くなり、歯周病も改善されました。

治療前
治療前
矯正装置を装着
矯正装置を装着
治療後
治療後

その他の歯周病の外科治療

歯周組織再生手術(GTR)

歯周病が進行すると、歯の周りの骨と歯根膜という歯根の周りの組織も破壊されます。歯周組織再生手術とは、この歯根膜組織と骨を再生する治療を言います。どの患者さんにでも適応できる治療というわけではありません。


歯槽骨再生手術(GBR)


▲歯槽骨再生手術(GBR)

歯が抜けてしまうと、その部分の骨(歯槽骨)が失われ、大きな穴があいてしまいます。しかし歯槽骨再生手術を用いると、患者様自身の再生能力で右の写真のように、失われた骨も再生することができます。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材