なぜインプラントがいいの?

新しい治療法 インプラント

インプラント(人工歯根治療)
骨との親和性の高いチタン金属の人工歯根を利用することにより、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、 お話したり出来る新しい歯科治療の技術です。

 width= width= width=


インプラントの特徴

  • かみ心地は自分の歯とほぼ同じ。
  • 周りの歯を傷つけない。
  • 見た目がきれい。
  • 人工の歯が骨となじみ違和感がない。
  • 自分の歯を保護する。

従来の治療

義歯=入れ歯
色々な方法で歯のない所に義歯=入れ歯を固定する。
 width=
  • 隣の歯が虫歯になりやすい。
  • 顎の骨がやせてくる。
  • 自分の歯を犠牲にします。
  • 見た目(審美性)が悪く、かみ心地(咬合)がよくない場合もある。
ブリッジ
両側の歯を削ってブリッジを固定する。
 width=
  • 両側の健康な歯を犠牲にすることがある。
  • 歯の抜けた所の骨がやせる可能性がある。
  • 顎の骨がやせると歯並びが悪くなることもある。
資料提供:アストラテック株式会社

タグ:
メリット入れ歯ブリッジ比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材