エステティック・インプラント治療

審美性を考慮したエステティック・インプラント治療

最近では患者様のニーズが、機能性だけでなく、審美性へも向けられるようになってきました。そのため、審美性を考慮したエステティック・インプラント治療も行われています。
エステティック・インプラントは、以下のような治療法を総合して包括的な治療を行います。

インプラント

顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する歯科の新しい医療技術です。

歯列矯正

歯並びが悪く、歯の数も足りない方には、歯列矯正治療とインプラント治療を併用することで、歯の美しさと噛む力が改善された歯並びが実現します。

審美補綴(ほてつ)

オールセラミックは、従来のメタルボンドと異なり、金属を全く使わない新しい補綴方法です。見た目も美しく通常変色もありません。

症例(1) エステティック(前歯部症例)

[症例1]治療前
[治療前]
外傷にて、右上中切歯・側切歯、左下中切歯を失った状態
[症例1]治療後
[治療後]

X線写真
[X線写真]
インプラントを上顎に2本、下顎に1本(アバットメント(連結部)と一体型の直径の小さな、細いインプラント)を埋入・補綴を行う
 

症例(2) エステティック(前歯部症例)

[症例2]治療前
[治療前]
右上中切歯を失った
[症例2]治療後
[治療後]

X線写真
[X線写真]
天然歯根の形状を再現したインプラントを埋入(埋め込み)した。歯冠はオールセラミッククラウンで修復を行った。
 

タグ:
審美症例写真

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材