AGC(ガルバノシステム) ― 体に優しく美しい歯へ

AGC(ガルバノシステム)とは?


正式名称はAGC(auro galvano crown)といい、被せ物の骨格となる金属フレームやなどを、電気の力で鋳造する電鋳システムです。
AGCシステムで製作された金属体は、199パーセントが純金で構成されています。 純金は生体親和性に優れ、歯肉にもやさしいことが特長です。アレルギー反応の発生も軽減されます。


▲ AGCクラウン(被せ物)
歯型に電鋳をし、その上にセラミックを焼き付けたのがAGCクラウン(被せ物)と言い、インプラントの上部構造にも適用されます。この被せ物はゴールドの温かい色調が審美性に優れ、天然歯のように美しい歯を再現できます。また、金属の被せ物をした際によく起こる、歯茎の黒ずみも起こりません。

インプラントの上部構造に適用する場合も、インプラントのアバットメント(被せ物との連結部分)の形に合わせて製作することができるので、あらゆるインプラントシステムに対応が可能です。

AGC(ガルバノシステム)の症例

AGCシステムで純金のキャップを製作し、インプラントのアバットメントに装着。純金にセラミックを焼き付けた被せ物を装着して完成。天然歯と遜色のない美しい歯になりました。

AGC(ガルバノシステム)のメリット

審美性
  • ゴールドの温かい色調。天然歯のように美しい歯を再現できます。
  • 通常の金属のように歯茎が黒ずむことがありません。
低アレルギー性・歯質の保存
  • 純金を使用することにより、アレルギー反応の発生が軽減されます。
低ダメージ
  • 純金は生体親和性に優れ、歯肉にもやさしい。
  • 純金はプラークの沈着を大幅に減少させることが科学的に証明されています。
  • 天然歯に被せる場合、歯を削る部分が少なくてすみます。
セメント合着
  • 従来のセメント合着で行えますので、時間と労力が削減されます。

※AGCシステムを利用した治療は、AGCシステムを導入していない歯科医院では選択することができません。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材