インプラントの上部構造(被せ物)

上部構造は何で作られているの?

インプラントで重要なのは、インプラントを歯ぐきに埋め入れる手術だけではありません。歯の部分にあたる上部構造も大切です。ここでは、素材による上部構造の違いを見ていきましょう。
 width=

上部構造が金属の場合

・耐久性:★★★☆☆
・見た目:★☆☆☆☆
・生体親和性:★☆☆☆☆

■特徴
≪メリット≫
金属製の被せ物は、世間一般で言う銀歯の外見です。
割れてしまうリスクが金属であるため少なく、長持ちです。他のものと比べて費用が抑えられます。
≪デメリット≫
見た目が自然の歯とは異なる色であるため、口元の美しさを求める場合には適していません。また、金属アレルギーを引き起こすことがあります。

上部構造がハイブリッドセラミックスの場合

・耐久性:★★★★☆
・見た目:★★★★☆
・生体親和性:★★★★☆

■特徴
≪メリット≫
ハイブリッドセラミックスの被せ物は、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混合した比較的新しい素材でできており、自然な歯に近い外見をしています。見た目が自然な被せ物としては、お求めやすい価格帯である場合が多いです。
万が一、欠けても大抵は口腔内で修理が可能という特徴があります。
≪デメリット≫
プラスチックでできているため、時間が経つと変色しやすいデメリットがあります。

上部構造がメタルボンド(セラモメタル、陶材焼付け鋳造冠とも呼ばれる)の場合

・耐久性:★★★★★
・見た目:★★★★☆
・生体親和性:★★★★☆

■特徴
≪メリット≫
メタルボンドの被せ物は、中が金属で外は陶材(ポーセレン、セラミックス)を、七宝焼(しっぽうや)きのように焼き付けて作られています。
見た目が自然の歯に近く、しかも変色しにくい特徴があります。また、強度も強いのでよく使用されています。
≪デメリット≫
中の金属の種類によっては、金属アレルギーを引き起こすことがあります。また、価格は比較的高い場合が多いようです。

上部構造がオールセラミックスの場合

・耐久性:★★★★☆
・見た目:★★★★★
・生体親和性:★★★★★

■特徴
≪メリット≫
全てがセラミックでできた被せ物は、より天然の歯に近い色を出せると言われています。
セラミックは金属ではないので、金属を原因とするアレルギーを引き起こす心配はないでしょう。また、摩耗することが少ないという点で耐久性に優れています。
≪デメリット≫
摩耗することは少ないものの割れやすいと言われています。また、価格は比較的高い場合が多いようです。

上部構造がジルコニアの場合

・耐久性:★★★★★
・見た目:★★★★★
・生体親和性:★★★★★

■特徴
≪メリット≫
2009年現在ある歯科素材の中でも、特に美しい歯の色を出せることや、歯ぐきと馴染んで見えるという点において審美性に優れているとされています。また、金属を使わないために金属アレルギーの心配もありません。
柔軟性があるため、噛み合う歯にダメージを与えにくいという特徴があります。
≪デメリット≫
価格が比較的高い場合が多いようです。
色々な素材でできた上部構造がありますが、価格が高ければ良い、見た目が白ければ良い、とは一概には言い切れません。どの素材が適しているのか、先生と相談をして選びましょう。

タグ:
人工歯上部構造被せ物

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材