施術する部位による注意点

安易にインプラント治療を行ってしまうと、治療する部位によっては「上顎洞(サイナス)」と「下歯槽神経」(下図参照)を傷つけてしまい、大事に至ることもあります。
治療を受ける前にレントゲンやCTで確認をしてもらい、納得のいく説明を受けたうえで施術に臨みましょう。

上アゴの奥歯を治療する方へ

上アゴの奥には「上顎洞(サイナス)」があります。そこは骨がなく空洞になっている場所で、鼻と繋がっています。
歯が無くなってから放置期間が長い場合、アゴの骨が吸収(痩せていってしまうこと)されているケースが多く、上アゴの奥の骨も例外ではありません。
そこに無理やりインプラントを埋めると上顎洞内に突き抜けてしまい、インプラントをそのままにしておくと、上顎洞内に落ちてしまう危険があります。 サイナスに落ちたインプラントを除去するのは容易ではありません。
では、上アゴの骨が薄くなっている場合はインプラントできないのでしょうか?そんなことはありません。サイナスリフトソケットリフトという処置を行い、インプラント治療が可能な状態にしていきます。

■サイナスリフトについて、詳しくはこちら>>
■ソケットリフトについて、詳しくはこちら>>

下顎の奥歯を治療する方へ

下アゴの奥歯の下には「下歯槽神経」という重要な神経があります。アゴの骨が吸収されて薄くなっていたり無くなっている場合、このままインプラントをすると下歯槽骨神経を傷つけてしまったり、または近くまで削ることで刺激が伝わり麻痺が出るケースもあります。
また、舌側には大きな血管や筋肉があり、インプラントを埋め込む角度を間違えると血管などを傷つけてしまうこともあります。骨の状態により、必要ならばGBR(骨を再生させる処置)を行います。

■GBRについて、詳しくはこちら>>

前歯を治療する方へ

前歯はもともと骨が薄い場所です。歯が抜けてしまうと、さらに骨が痩せてしまいます。そのままでもインプラントができる場合もありますが、薄い場合はインプラントが骨から出てしまうことがあります。骨の状態により、必要ならば上述の「下顎の奥歯を治療する方へ」でご紹介したGBRを行います。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材