ミニインプラント ― 入れ歯を固定するためのインプラント

ミニインプラントとは?

 data-mce-src=
▲ ミニインプラントで入れ歯を固定

総入れ歯でお困りの方へ

下の総入れ歯が浮いてお困りの方へ、ミニインプラントシステムをご紹介いたします。
ミニインプラントとは、直径1.8mmのチタン製のネジ状のものを、歯茎の上から粘膜を切らずにねじ込んでいき、その上に入れ歯を固定する装置のことです。短時間の簡単な手術で、治療後はすぐに食事ができ、入れ歯が外れることがなくなります。
また、インプラントの埋入本数を4本に抑えることができるため、通常のインプラント治療より安価です。

 data-mce-src=
▲ ミニインプラントよる治療
■ こんな方に適しています
  • 総入れ歯でインプラントにしたいが、費用を抑えたい方
  • 入れ歯を何度も歯科医院で調整している方
  • 入れ歯が動いて不快感がある方
  • 入れ歯を気にしないで思いっきり会話したり、笑ったりしたい方
  • 硬い物やくっつきやすい物をしっかり噛みたい方

■ ミニインプラントによる治療の特徴
  • 通常のインプラント治療より費用を抑えることができる
  • 歯茎を切ったり縫ったりする必要がないため、患者様への負担が少ない
  • 痛みがほとんどない
  • 入れ歯の着脱が可能
  • 通常のインプラントには及びませんが、入れ歯がしっかりと固定されるため、よく噛める

ミニインプラントQ&A

 data-mce-src=
▲ ミニインプラントのレントゲン写真
Q1 どのような場合に有効ですか?

下の歯が総入れ歯の方のみ適応できます。
・下の入れ歯がすぐに浮いてしまい口を大きく開けられない方
・顎の骨がやせて入れ歯が安定しない方
・固いものを普通に食べてみたい方
・入れ歯を気にしないで大声で話したり、笑ったりしたい方



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材