一日で歯がよみがえる! ワンデイインプラント

ワンデイインプラントとは?

ワンデイインプラントとは、「1日で歯を固定するインプラント治療」です。

ワンデイインプラントは総入れ歯の方や、多くの歯を既に失っている方、また歯周病で多くの歯がグラグラしている方に最適です。 インプラント(人口歯根)を埋めたその日に仮の歯を固定するので、その日から軽い食事ができます。

これまでは、総入れ歯の方の場合、10本以上のインプラント埋入が必要でした。
しかし、Dr.パウロ・マロにより「必要最小限のインプラントは4本」と提唱されAll on 4(オールオンフォー)という治療法が確立されました。
ですが、必ずしも4本が最適ということではありません。そこで、日本人の顎の状態やその方の噛む力・癖に応じた最適な本数・最適な場所にインプラントを埋めるという治療方法として考案されたのが「ワンデイインプラント」です。

これまでのインプラント治療は、インプラント(人口歯根)を埋め込んでから数ヶ月は、白い歯の部分を装着できませんでした。
ワンデイインプラント治療により、このデメリットが解消されます。
ワンデイ・インプラント治療イメージ
▲ 総入れ歯の方がワンデイインプラントを行った場合

ワンデイインプラントのメリット

  • 手術当日から軽い食事ができます。
  • 片顎に4〜6本ですむので、費用を抑えられます。
  • 手術時間も短く、術後の腫れや痛みも少なくすみます。
  • 手術をしたその日から、見た目上歯のそろったきれいな状態になれます。
  • 従来は2次手術が必要でしたが、1回の手術ですみます。
  • 通院回数が少なくてすみます。
  • 入れ歯のような手入れが不要です。
  • 一度治療が終われば、あとはメンテナンスに通うだけです。

ワンデイインプラントのデメリット

一日でインプラントを埋入するという技術のため、医師にスピードと精密さが要求されます。ワンデイインプラントでは、顎にバランスよくインプラントを埋め込むことで、力が分散されるようにされていますが、治療期間中はりんごなどの固いものは避け、適度な力で噛むよう心がけることが必要です。

ワンデイインプラントの流れ
※資料提供:東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンターの場合。

ワンデイインプラントの流れ

 width=
資料提供
東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
院長 : 中平 宏(Drナカヒラ)
参考資料 : 「Dr.ナカヒラのワンデイインプラント」
※「ワンデイインプラント」はDr.中平の登録商標です。
> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材