(骨移植)ボーングラフト

骨移値(ボーングラフト)って大がかリな手術ですか?

歯科における骨移植は、それほど大がかりなものではあリません。移植する骨も本人の歯槽骨や顎の骨から調達する場合が多いので、手術の範囲も限られています。ただ、ケースによっては、歯槽骨や顎の骨以外からも調達する場合があるので、担当の先生の説明を十分に聞いてください。また、人工の骨補填材などを使用する場合もあリます。

手術の流れ

 width=
上顎中切歯

【1】 前歯部がなくなった場合に、唇側の歯槽骨が吸収を起こし、歯槽骨が薄くなってしまうことがよくあります。そのようなケースを例に挙げて、骨移植によるインプラント治療を説明します。

 width=
本来の天然歯が萌出していた場所。
【2】前歯部が抜けてしまった場合、図のような歯槽骨の吸収を示すことが多くあります。
 width=【3】歯槽骨が吸収した部分に移植骨のブロックを設置し、周囲の間隙に粉砕した移植骨あるいは骨補填材を詰めます。移植骨ブロックは、動かないようにスクリューで固定します。

[骨プロックを固定するためのスクリュー]
材質は生体材料であるチタンが主流をしめています。
このスクリューは移植骨と歯槽骨が同化した段階で除去します。
 width=
【4】移植した骨が歯槽骨と同化したら、通常のインプラント治療を行います。
歯槽骨にとってインプラントは、天然歯の歯根と同じ様な役割を果たし、歯槽骨内に適正な機能圧を加えるので、歯槽骨の吸収を抑える効果も持っているのです。


資料提供:ゼニス出版


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材