ブロック・ボーン移植

骨が大きく溶けてしまい貧弱な歯槽骨しか残っておらず、そのままではインプラントが埋め入れることができない人に用いられる手術法で、骨の足りない場所ならどこでも実施可能です。
下顎の後ろの方などからブロック状の骨を採取し、この骨を移植します。術後、約3ヶ月後に移植した骨がしっかりくっついたのが確認できたら通常通りインプラントを埋め入れます。

難症例のご紹介

 data-mce-src= width= data-mce-src=
前歯を失い審美性を回復したいということでインプラント治療を行うことになりました。ペラペラの薄い骨しか残っていませんでしたので普通にはインプラントを埋め入れることはできません。
そこで、下顎の奥歯の周辺から板状の骨を採取してきて骨を造成する手術を始めに行いました。3ヶ月後骨が出来上がったところでインプラントの埋め入れを行っています。写真で骨の量が増えているのがお分かりいただけると思います。
資料提供
医療法人 インペリオクリニック
理事長 : 新福 泰弘


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材