GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)法とは

Guided Bone Regenerationの略
GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。
インプラントを埋め入れるために十分な骨の量がない場合などに利用されます。

骨組織が欠損している状態

骨組織が欠損している状態

歯が抜けてしまったり、歯周病などの原因で歯槽骨が痩せてしまうと、左のイラストのようにインプラントを埋め入れるために必要な骨の量が足りなくなります。点線部分は本来あるべき歯槽骨の厚みです。また、歯を失ってから時間が経過している場合には、周囲の歯槽骨がさらに吸収され、骨が痩せてしまいます。

GBRの治療の流れ

インプラントを埋め入れる

Step.1 インプラントを埋め入れます

歯槽骨の吸収が著しいため、インプラントの表面も露出しています。

自家骨または骨補填剤を入れ、人工メンブレンで覆う

2. 自家骨または骨補填剤を入れ、人工メンブレンで覆います

GBR法の場含、GTR法のように歯根膜の再生は必要あリません。再生させたい組織は骨だけなのでインプラントを支柱にし、生体材料でできた人工メンブレン(専用の膜)で覆うことができれば、骨の誘導再生が可能です。また、人工メンブレンは歯肉などの軟らかい線維性の組織細胞の混入を防ぎます。人工メンブレンが動かないように固定用のピンを使用する場含もあリます。

歯肉を戻し骨の再生を待つ

3. 歯肉を戻し、骨の再生を待ちます

人工メンブレンの設置が完了したら、歯肉を元に戻して骨の再生を待ちます。この期問は、術部に必要以上の刺激を与えないよう注意が必要です。
骨の再生速度に個人差はありますが、一般的には4?6ヵ月程度で再生されるといわれております。

人工の歯(被せ物)を装着する

4. 人工の歯を装着します

骨が再生され、インプラントがしっかり固定されたら、人工の歯(上部構造)を作製して装着します。新しく骨が再生されたことで、歯肉も滑らかな美しい形状になります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材