GTR(組織再生誘導)

GTR(組織再生誘導)法とは

Guided Tissue Regenerationの略
GTR(組織再生誘導)法とは、歯周病などによって歯肉・歯根膜歯槽骨などの破壊された歯周組織の再生を誘導する治療方法です。

治療について

歯周病のイメージ歯周病や歯槽膿漏で溶かされた歯槽骨は、歯周病治療を行っても再生されません。これは、歯槽骨が自然治癒により再生される前に、周りの歯肉が回復し、本来歯周組織が再生されるスペースを埋めてしまうからです。
そこで、歯槽骨や歯根膜が回復するまで歯肉が入らないようにスペースを確保し、歯周組織の再生を行うGTR(組織再生誘導)法があります。
GTR(組織再生誘導)法は歯周ポケット内部をキレイに清掃(スケーリングルートプレーニング)した後、メンブレンと呼ばれる人工膜で歯周組織が再生するスペースを保護します。保護された歯周組織(歯槽骨・歯根膜)は、個人差はありますが1ヵ月に約1mm程度の速さで再生するといわれています。

治療の流れ

患部を清潔にします

Step.1 患部を清潔にします

まずは、歯肉をめくり付着した歯石・歯垢をキレイに除去します。また、歯周病に侵された歯槽骨の表面を取り除きます。
歯周組織を清潔な状態することが大切です。

人工膜(メンブレン)で覆います

Step.2 人工膜(メンブレン)で覆います

歯槽骨や歯根膜が不足している部分を、人工膜(メンブレン)で覆います。これにより、歯槽骨などの硬い組織が再生するときに歯肉などの軟らかい組織の混入を防ぐことができます。

人工膜(メンブレン)が組織の再生を守ってくれます。

歯槽骨や歯根膜の再生を待ちます

Step.3 歯槽骨や歯根膜の再生を待ちます

骨が再生するまで生体内を清潔な環境で保ち、粘膜の侵入を防ぎながら歯槽骨や歯根膜の再生を待ちます。
個人差がありますが、数ヵ月で新しい歯槽骨と歯根膜が再生します。

人工膜(メンブレン)を取り除きます

Step.4 人工膜(メンブレン)を取り除きます

歯槽骨や歯根膜が再生したら、人工膜(メンブレン)を除去します。
治療終了後も、口腔内の衛生管理を徹底して歯周病に侵されないよう心掛けましょう

注意点

歯周組織の状態によっては、GTR(組織再生誘導)を行えない場合がございます。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材