サイナスリフトの症例による解説

サイナスリストとは?

サイナスリフトとは、上顎の奥歯の部分に骨が少なく、インプラント治療が不可能な患者さんのための治療法です。サイナスとは、上顎の骨の上部にある空洞をいいます。この空洞の粘膜を持ち上げて骨で充満させることにより、インプラントを植立する骨の高さを得ることをサイナスリフトといいます。

サイナスリスト手術の流れ

上顎洞
STEP1

赤丸で囲った部分が歯を失った場所です。

上顎洞が拡大します
STEP2

赤丸の部分を、輪切りにして前方から見てみると、下から、歯ぐき、骨、粘膜、空洞となります。

この状態ではインプラントは入れられません。
STEP3

横(赤丸部分)から穴を開け、粘膜(青丸部分)を持ち上げます。

シュナイダー膜をつけます
STEP4

持ち上げた粘膜の下にできた空洞に、カルシウムの粉を充満させます。

インプラントが入れられます
STEP5

6ヶ月ほど待つとカルシウムが吸収し硬い骨に変わります。そこで、その硬い骨にインプラントを植立します。

インプラントが入れられます
STEP6

失った歯(赤丸部分)を取り戻すことができました。

サイナスリスト症例による解説

上顎洞
STEP1

赤線で囲まれた部分が空洞です。レントゲンでは、黒っぽく写っているところが空洞、白っぽく写っている所(青丸部分)が骨です。

上顎洞が拡大します
STEP2

赤線に囲まれたところが、白っぽく写って、骨に変わっているのがわかります。

上顎洞が拡大します
STEP3

インプラントが植立され、人工の歯が入っています。硬いものもしっかり噛めますし、カラオケで入れ歯がジャマになることもありません。

吉江 誠院長先生
資料提供
吉江歯科医院
院長: 吉江 誠先生
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材