ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーション…抜歯窩に人工骨を入れて骨を再生させる方法

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を防止するために、抜歯の時点で人工骨などを「穴」に入れて骨を再生させる方法です。

抜歯すると、歯があった場所に「穴」があきます。この「穴」を抜歯窩と言います。抜歯窩は、時間とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなってしまいます。
そうなってしまうと、インプラントを埋め込むことが難しくなるため、骨再生治療を行います。骨が痩せて薄くなる前に処置をしておく方が負担が少なくてすみます。

ソケットプリザベーション

残せなくなった歯を丁寧に抜歯し、抜歯窩を清掃します
抜歯窩に人工骨を入れます
コラーゲンでできている膜を上からかぶせます
歯肉や仮歯で抜歯窩を閉鎖し、骨の吸収が起こるのを防止します


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材