上顎の骨がない奥歯部分に最適な方法

ソケットリフト手術

ソケットリフト
▲ ソケットリフト手術

ソケットリフトとは?

左右の頬骨(上顎奥歯の上の骨部分)には、上顎洞という空気穴の様な空洞があります。上顎の奥歯を失って長期間経つと、使われなくなった顎の骨がやせ細ってしまいます。顎の骨が厚みが薄いと、インプラントが上顎洞を貫通してしまうため、インプラントを固定することができません。
しかし、5mmの骨幅がある場合は、ほとんど骨を削ることなく、骨を少し骨折させて押し出すことで、インプラントを埋入する事が可能です。これを、ソケットリフト手術と言います。ほとんど骨を削らないため、サイナスリフトなど骨を削って骨を充填する手術よりもダメージが少なく、手術時間をも短縮できます。
■ ソケットリフトの症例
ソケットリフト症例
インプラントを埋め入れる部分の歯肉を切開し、顎の骨を特殊な器具を使って叩くように押し上げ、インプラントを埋め入れるための高さを確保します。
※場合によっては、押し上げた部分に人工骨などを入れます。

ハイドロテクニック

ラスベガスのDr.Chenが開発した上顎洞挙上手術に変わる最新テクニックです。
小さな穴をインプラントを埋め入れ骨にあけ、そこから空気・水の圧力を利用して上顎洞にスペースを作り出す方法です。作り出したスペースに人工骨を充填し、骨の高さを確保します。治療は短時間で、痛みはほとんどありません。

step1
STEP1 ハイドロテクニック

上顎の骨がやせ細り、上顎洞までの距離が2?3mmしかありません。
ハイドロテック法で骨の高さを確保します。

step2
STEP2 穴をあける

インプラントを埋め入れる部位の骨に小さな穴をあけます。

step3
STEP3 粘膜を押し上げる

穴を開けた部分から、水圧と空気圧を利用して、上顎洞の粘膜を押し上げます。粘膜を押し上げて作られたスペースに骨材(りん酸カルシウム)などを充填します。

step4
STEP5 インプラントを埋め入れる

インプラントを埋め入れて完了です。
患者様に負担をかけることなく、短時間で手術は終わります。

CASE1 ハイドロテクニックで治療した症例

治 療 前

治 療 後
歯周病が進行し、歯がぐらついて全く噛めない状態でした。骨もやせ細っていたため、ハイドロテクニックで治療しました。 しっかりと噛める、見た目も綺麗な歯に生まれ変わりました。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材