ソケットリフトが行われる場合の症状

上顎洞

ソケットリフトは、上顎奥歯の骨が薄い場合に行われる外科手術で、インプラント治療に伴って行われます。ソケットリフトが行われる主な症状についてご紹介します。

ソケットリフトを行う人の主な症状

主に次のような方に行われます。

● 顎の骨が部分的に吸収して(痩せて)、骨の高さが5〜10mmしかない方
虫歯や歯周病、事故などで部分的に歯を失った、何らかの理由で上顎洞が大きい、などが原因で、このような状態になることがあります。

● 奥歯(小臼歯、大臼歯)を部分的に失った方
虫歯や歯周病、事故などにより、このような状態になることがあります。

※このような症状でも、患者様の状態によっては、サイナスリフトが適応と診断されるとこともあります。また、お身体の状態によっては、どちらの治療も受けられないこともあります。詳しくは、歯科医師の診断を受けてご相談ください。

インプラント治療やソケットリフトなどの外科手術は、損傷のようなトラブルを軽減するために、CT画像にて診断を行うことが一般的です。治療を進めるなかで疑問に思うことがあれば、遠慮せずに歯科医師やスタッフに質問しましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材