イラストで分かる「ソケットリフト」

ソケットリフトとは?

ソケットリフトとはは上顎の骨の厚みが4〜5mmほどある場合、直径3.2mmほどのインプラントを埋込む穴をあけて、将来骨になる物質(人工骨)を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げていき、骨の移植と同時にインプラントを入れることができる方法です。

ソケットリフトの流れ

穴を開けます
STEP1

専用ドリルを使って、上顎洞の粘膜を傷つけずに、上顎洞底の骨に直径3.2mmの穴を開けます。

人工骨を入れます
STEP2 

専用器具を用いて、PRPを混ぜた人工骨を入れます。

※医院、患者さまの口内の状態により人工骨の種類は異なります。

挙上
STEP3 

人工骨によって上顎洞の粘膜を挙上(押上げ)します。

吸い取ります
STEP4 

インプラントを植えます。

加藤 洋院長先生
資料提供
みなと歯科口腔外科・みなとインプラントセンター
院長: 加藤 洋先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材